違法な闇金を利用しても問題ない?

違法な闇金を利用しても問題ない?/相談・QA

貸金業法違反や出資法違反など、法律上において絶対に合法となることはない闇金業者。

最近では、闇金業者の逮捕ニュースがテレビでも頻繁に放送されている事から、世間一般的にも闇金が違法業者であるという事は広く認知されていると思います。

ですが、その違法業者である闇金を利用する事は、違法行為になることはないのか?罪に問われる事はないのか?と疑問に思っている方は、多く存在しているのではないでしょうか?

そこで今回は、法的に違法とされている闇金を利用しても罪に問われる事はないのか?という点にピックップしてみました。

闇金を利用する事は違法なのか?

そもそも、闇金を利用する事は違法行為にならないのでしょうか?

冒頭でも述べたように、闇金は貸金業法違反や出資法違反を犯している違法業者にあたるため、合法な闇金というのは一切存在しません。

その合法ではない業者を利用する事は、一般的に考えると違法行為と受け取られても仕方のないようにも思えますが…。

現在のところ、闇金を利用すること自体は違法行為とはなりません。

だからと言って闇金を利用しても良いということにはならないので、闇金から融資を受けるのは絶対にやめましょう。

ただ、注意点が一つあり、場合によってはあなた自身が犯罪行為に加担してしまう可能性があるんです。

次の項目で、どの様な事があった場合、犯罪に加担する可能性が出てくるのか確認してみましょう。

闇金業者に利用されて法を犯すことも

では、どの様な行為又は状況になった場合、犯罪に加担する可能性が出てくるのでしょうか?

以下に、犯罪行為に繋がる可能性が高い闇金業者と、その行動をまとめてみたので確認してみましょう。

事例1 買取屋から融資を受けた場合

買取屋というのは、闇金側が指定した物を債務者にクレジットカードで購入させ、それを買取る事により融資を行なう業者の事を言います。

この場合、クレジットカードで購入した物を現金化する事は、大抵のクレジットカード会社において規約違反となるため、強制解約になったり、あなたの信用情報を傷つける可能性が非常に高くなるため絶対に止めましょう。

また、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという手法を持ちかけられる事もありますが、もちろんこれも規約違反となるため絶対に止めましょう。

ショッピング枠を現金化、買取屋とは?手口・手法など

事例2 闇金への返済が困難になった場合

闇金は、債務者が返済できないとわかると、無言電話や頼んでもいないピザのデリバリーを依頼するなど、様々な嫌がらせを行なってきます。

そこで、返済は出来ないが嫌がらせは止めて欲しい、という時に闇金業者側から銀行口座を開設してキャッシュカード等を渡すように言われる事があります。

ですが、この銀行口座を譲渡する事が詐欺罪または、犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)違反等の罪に問われることがある違法行為にあたるので、闇金への返済が困難になったとしても絶対に銀行口座を譲渡するのは止めましょう。

万が一、これらの違法行為があった場合は、刑法第246条第1項により10年以下の懲役が科せられる可能性があります。

実は違法?譲渡目的の口座開設、手口や手法など

事例3 年金担保金融を利用した場合

年金担保金融というのは、主に高齢者が受給する年金を狙った悪質な闇金業者の事で、年金支給日まで生活費がもたない方や、急に資金が必要になった年金受給者をターゲットに、振り込まれた年金から融資額を決める闇金業者のことを指します。

この年金の給付を受ける権利を譲渡する事は法律で禁止されているため、絶対に止めましょう。

福祉医療機構の中には、実際に年金を担保に融資を受けることができる制度があり、よく似た名前や、福祉医療機構を紹介すると偽って言葉巧みに騙そうとしてくる闇金も存在するので注意が必要です。

年金担保金融とは、手口や手法など

カテゴリー 相談・QA
作成日時 2017-08-06 21:40:46
更新日時 2017-08-15 15:09:22
インターネットが普及してきた現在、名前や電話番号など、様々な個人情報がデータベースに収められていますよね。 そのため、ワンクリックだけで物を購入できて、かつ、自宅に届く。など大変便利な世の中になりました。 ですが、その代償として個人情報が漏れた等のニュースを耳にすることも多くなってきましたよね。 また、その個人情報の漏洩先が闇金だった為に、様々な闇金業者から連絡が来るように…
お金を無駄に使うクセ「浪費癖」。 ついつい使ってしまったと気づく分にはまだ良いですが、それに気づかず、何も考えずにただただお金を使っている人も結構いるようです。 収入が多くても、浪費癖が酷く、借金をしてしまう人も中には沢山います。 そんな無駄な出費を気にしない浪費癖とはどのような心理があってそのような状況に陥っているのでしょうか・ そこで今回は、浪費癖のある人の特徴を…
「ずっと使っていない銀行口座がある」「古い通帳がでてきた」 なんてことは結構ある話なんですが、何年も使用していない銀行口座は休眠扱いになってしまっている可能性があります。 この休眠扱いになるとどのような事がおこるのでしょうか? そこで今回は、放置し、休眠扱いになっている銀行口座の解約方法についてまとめてみました。 銀行口座を放置するとどうなるの? さて、…
借入状況や契約状況など、個人の信用情報に傷がつく事で登録されるブラックリスト。 このブラックリストという言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるんではないでしょうか?ですが、一度このブラックリストに登録されてしまうと、どれ程の期間登録され続けるのか?というところまで把握していない方も多く、登録期間が気になるという声がよく聞かれます。 そこで今回は、信用情報(ブラックリスト)の掲載期…
本人確認の書類 一般的にお金を借りる際には、身分証明書や免許証などが必要になります。 というのも、実際にお金を借りる人が本人なのか、そうでないのかを見極めるために必要です。 また、しっかりと返す収入があるのかなどが調べられます。 消費者金融の必要書類 本人確認書類が必要となります。 運転免許証 パスポート 住基カード 個人番号カード(…
近年、法改正や弁護士の存在が後押しとなり、闇金への借金が完済したという方も増えているんではないでしょうか? その際に、闇金との借金問題はすべて終わったから大丈夫と思っている方も非常に多くいるかと思います。ですが、実は闇金へ完済した後も安心していられない場合があるんです。 というのも、闇金への借金を完済した後も未だに連絡が来る、別の闇金業者から携帯電話に連絡が来たなど、闇金関係の相…
闇金業者の違法性 普段生活する上では、あまり関わることのない闇金ですが、お金が借りることが出来ない方にとっては必要不可欠な存在になっています。 最近では、テレビやドラマなどでも取り上げられることがあるため、どういったものかは知っている方も多いのではないでしょうか? 闇金融とは、意味や定義など このような闇金業者ですが、具体的には次のような違法行為を行っていま…
闇金から借りたお金を返せそうにない…。 暴利な闇金が相手だと、借金問題を解決するために自己破産という手段を選びたくなるものです。 脅迫や嫌がらせなどの被害を受けている場合だとなおさらそう思うことでしょう。 ですが、その前に知っておくべきことがあります。法律など関係のない闇金の場合は、自己破産なんて関係ありません。 では、どのように解決すればよいのでしょうか? 闇…
貸金業法違反や出資法違反など、法律上において絶対に合法となることはない闇金業者。 最近では、闇金業者の逮捕ニュースがテレビでも頻繁に放送されている事から、世間一般的にも闇金が違法業者であるという事は広く認知されていると思います。 ですが、その違法業者である闇金を利用する事は、違法行為になることはないのか?罪に問われる事はないのか?と疑問に思っている方は、多く存在しているのではない…
闇金を利用すると、銀行口座を使用され、口座凍結するおそれがあります。 口座凍結とは、凍結という言葉で連想できる通り口座が止まるという意味ですが、この口座凍結になればその口座を使って振り込みなどの取引はもちろん、預金や引き出しもできなくなってしまいます。 そこで今回は、口座凍結になった場合に取るべき措置についてまとめてみました。 口座凍結されたら… さて、そもそもなぜ口…

地域別