闇金融の今、最近は増加傾向に

闇金融の今、最近は増加傾向に/疑問・なぜ

闇金融の今

最近では、多種多様な方法で営業をしている闇金。

など、手口が違うだけで、これほどの闇金が存在しています。

闇金の意味とは、定義など

22年 23年 24年 25年 26年 27年
検挙事件数 307 254 190 168 151 140
検挙人員 646 539 315 337 258 267
検挙法人数 9 10 2 7 5 0
被害人員 76,041 50,268 31,398 30,936 16,654 20,588
被害額 114億円 117億円 110億円 150億円 98億円 161億円

また、闇金による被害状況ですが、警視庁が公開している「無登録高金利事犯の検挙状況の推移」で知ることが出来ます。

この無登録高金利事犯とは、貸金業法違反(無登録営業) 、出資法違反(高金利等)のことを指しています。

闇金の検挙件数は徐々に減少傾向にあります。

総量規制が導入されたことによって、多重債務者などが減り、闇金からお金を借りる人が減ったからと予想されます。

ただ、直近の情報を見ると、被害額は前年の1.64倍と大幅に増加していることが分かります。

闇金は詐欺?逮捕された際の罪名・懲役は?

闇金融の利用者は個人事業主か

また、日本貸金業協会が年に1回行っている資金需要者(借入利用者)向けアンケート調査によると、個人は減少傾向にあるものの、事業者(個人事業主など)に関しては、2015年度は闇金など非正規業者との接触経験のある割合は13.5%と、前年度から3.6ポイント上昇したとありました。

総量規制などが全面施行から5年が経ち、上限金利は年率29.2%から、年率15~20%に下がりました。

これに伴って経営が成り立たなくなった中小の貸金業者が次々に廃業し、大手も、総量規制の影響も相まって貸し出しを大きく絞っています。

更に状況が厳しい個人事業主が、闇金に流れているのでは無いかと言われています。

実際は、増加傾向か減少傾向か

先ほど紹介した警視庁の情報は、あくまでも検挙した闇金の情報です。

そのため、うまく警察の目をかいくぐっている闇金の情報はここには載っていません。

実際に、闇金業者が減っていることも考えられるのですが、闇金業者が検挙されないよううまくやっているとも捉えることも出来ます。

多重債務問題の専門家のあいだでも「闇金が再び増えているのでは…」との声もあるようです。

特徴的なのは、特殊詐欺と闇金の境目がなくなってきていることが挙げられます。

たとえば、事業者向けで多いのが「優遇金利」詐欺です。

年率1%台といった超低金利を提示し、申込書を書かせて「事務手数料」などと称して先に債務者にお金を振り込ませますが、この事務手数料は返ってくることはありません。

また、その後、お金をを貸してくれることもありません。

つまり、単にお金を巻き上げられて終わり、という詐欺です。

同様に、「白ロム詐欺」のも増加しています。

この白ロム詐欺とは、携帯電話やiPadなどを契約させ、SIMカードが入っていない「白ロム」という状態で買い取る、と持ちかけるものです。

被害者は、実際には端末だけを取られてお金をもらえなかったり、高額の端末利用料請求に苦しむことになります。

かつては「高収入のアルバイト」として持ちかけられた若者が被害者になるケースが多かったですが、最近では、多重債務者が闇金から「お金は貸せないが、白ロムなら買い取る」などと持ちかけられるケースが増えています。

バイト感覚での出し子・受け子、未成年者が逮捕も

このように、闇金の多角化が、減少しているように見えているのかも知れません。

カテゴリー 疑問・なぜ
作成日時 2017-03-20 14:45:53
更新日時 2017-08-13 21:47:06
闇金融の今 最近では、多種多様な方法で営業をしている闇金。 090金融 リース金融 システム金融 チケット金融 デリバリー金融 など、手口が違うだけで、これほどの闇金が存在しています。 闇金の意味とは、定義など 22年 23年 24年 25年 26年 27年 検挙事件数 30…
利息制限法や出資法などの法律は一切無視で高い利息での貸付をおこなう闇金融ですが、単純にこの利息だけでお金を儲けているわけではありません。 債務者をさらに陥れ、お金を絞り取るという恐ろしい犯罪組織になります。 では、一体どんな方法で闇金は儲けているのでしょうか? そこで今回は、闇金が儲かる仕組みについてまとめてみました。 闇金が儲かる仕組みとは? そもそも闇金はど…
利率など法律で決められている中、様々なサービスでライバル業者と対立する日本の貸金業者。 貸金業の種類だけでも、銀行や信用金庫、消費者金融などと様々あり、その中でも利率や審査、返済方法などもそれぞれですが、日本以外の国ではどうなっているのでしょうか? そこで今回は、海外では借金をした場合金利はどれくらいなのかまとめてみました。 海外の借金の金利 さて、そもそも日本と同じ…
闇金業者の罰則強化 最近では、深刻な社会問題となっている闇金業者。 その闇金問題に対処するため、第156回国会において、ヤミ金融対策法(貸金業規制法及び出資法の一部改正法)が成立しました。 金融庁としても、貸金業登録制度の強化により、悪質な業者が安易に貸金業登録を行い暴力団等から資金を得て組織的に貸付けを行うといった事例の排除に努めるとともに、相談体制の強化や捜査当局等関係…
年々減少の傾向にはあるものの、未だ撲滅にはいたらない闇金業者。 国や警察、弁護士や闇金救済機関と、これだけの組織が闇金の撲滅にむけて動いているのにも関わらず、未だ後を絶ちません。 2003年以降は複数回に及び闇金に対する法改正も行われ、更にやりづらい環境となった中、それでも闇金業を続けるという事は…相当な利益を上げているから止められないという事が想像できますよね。 そこで今…
なぜ?間違い電話や迷惑電話が多い理由 最近になり、間違い電話や迷惑電話が増えたという方はいないでしょうか? 間違い電話 迷惑電話 無言電話 ワン切り電話 このような電話の多くは、知らない番号から掛かってきて、電話に出たものの無言で切られてしまった。そもそも、電話に出る前にワン切りで切られてしまったなどがあると思います。 実は、その電話ですが、闇金…
貸金業登録を行わず、法律も一切無視の闇金。 そんな違法な闇金がおこなう行為は当然ながら犯罪です。 そのため、その犯罪行為に使われていたものは全て警察に取り締まられる事になります。 その中の一つとして挙げられるのが銀行口座。 貸金業の中でも、もっとも重要なものになります。 たとえ、闇金業者を利用しただけの人の口座でも使用された経歴があれば口座が凍結されることになり…
銀行のATMやクレジットカードを使用した時など、様々な場面で打ち込むことがある暗証番号。 近年、この暗証番号が第三者に知られてしまい、個人情報の流出や他人にクレジットカードを使用されてしまうなど、非常に悪質な事件が多発しています。 その理由として、誕生日など他人に知られやすい数字を暗証番号として利用している、それをさらに色々な場所で使いまわしているなどが考えられ、これらは非常に危険な…
日本国内で借金を抱えている方は約1,347万人いるとされており、実に9人に1人が借金を抱えている計算になります。 これほど債務者がいるとなると、中には、生活を安定させるために税金よりも先に借金を返済しているという方も多いのではないでしょうか? ただ、税金を後回しにして先に借金の返済をおこなっても良いものなのか? また、税金を滞納し続けるとどうなるのかなど、気になるところは多…
闇金融の融資額や限度額 闇金融と言えば、違法の金融業者で、自己破産した方などでもお金が借りることが出来ます。 一般的な消費者金融では、年利29.2%という制限があるのですが、闇金ではこういった制限がありません。 そのため、利息は法外で年利にすると100%~500%となります。 そんな闇金から借金をしようとした場合、いくらまで借りることが出来るのでしょうか? …

地域別