払えない…借金があっても税金が優先って本当?

払えない…借金があっても税金が優先って本当?/疑問・なぜ

日本国内で借金を抱えている方は約1,347万人いるとされており、実に9人に1人が借金を抱えている計算になります。

これほど債務者がいるとなると、中には、生活を安定させるために税金よりも先に借金を返済しているという方も多いのではないでしょうか?

ただ、税金を後回しにして先に借金の返済をおこなっても良いものなのか?

また、税金を滞納し続けるとどうなるのかなど、気になるところは多々ありますよね。

そこで今回は、借金があっても支払いは税金が優先されるのか?という点についてまとめてみました。

借金があっても税金が優先されるの?

冒頭でも述べたように日本国内には約1,347万人、およそ9人に1人が借金を抱えるほど債務者が存在します。

それだけに、税金を支払うより前に、借金を優先して返済している方は多くいるのではないでしょうか?

生活を安定させるためには仕方ない…という気持ちはわかりますが、果たして税金よりも借金を優先して良いものなのでしょうか?

そこで、支払いの優先順位を調べてみたところ、地方税法第14条に以下のような記述がありました。

地方税優先の原則 第14条

「地方団体の徴収金は、納税者又は特別徴収義務者の総財産について、本節に別段の定がある場合を除き、すべての公課(滞納処分の例により徴収することができる債権に限り、かつ、地方団体の徴収金並びに国税及びその滞納処分費(以下本章において「国税」という。)を除く。以下本章において同じ。)その他の債権に先だつて徴収する。」

とされています。

つまり、特別な理由がない限り税金の支払いが優先ですよ、という事になります。
また、この地方税と呼ばれるものには、どんな税金が含まれるのか以下にまとめてみたので確認してみましょう。

地方税一覧

  • 所得税
  • 住民税
  • 事業税
  • 不動産取得税
  • 自動車取得税
  • 自動車税
  • 鉱区税
  • 固定資産税

などがあり、これら項目中のいずれかに支払対象があった場合、借金よりも優先して支払う義務があります。

ただ、借金を抱えているのに税金を払えと言われても、そう簡単にお金を準備する事も難しいですよね。

そんな時は、地方税を分割して支払うことも可能なので、自身の居住区を管轄する市町村役場の納税課に行き、分割払いの手続きをおこないましょう。

納税の意志がある限り、分割を断られることはありません。

ただ、その際に数%の延滞金が上乗せされる可能性があるので、市町村役場の方としっかり話し合い内容を把握するようにしましょう。

それでも税金を支払わなかったら?

分割払いなどの選択肢があるにも関わらず、それでも税金を支払わなかった場合どうなるのでしょうか?

中には、「滞納したからといって闇金のように取り立てされるわけじゃない」「差し押さえなんかするわけない」などと言い、納税を拒否する方も多くいるそうです。

ですが、現実はそんなに甘いものではないため、容赦なく以下の財産を差し押さえられることになります。

差し押さえ対象物

  • 不動産(持ち家や土地など)
  • 車やバイク
  • 預貯金
  • 給与
  • 生命保険金
  • 換金(現金化)できるすべての物

差し押さえの対象はこれほど広範囲となっていて、さらに一度施行されてしまうと差し押さえを取り下げる事はとても難しいため、手元には何も残らなくなる可能性が十分に考えられます。

そうならないためにも、納税はしっかりと行い、借金等で家計が厳しい場合は分割払い等にしてもらうよう、市町村役場の納税課に相談してみましょう。

カテゴリー 疑問・なぜ
作成日時 2017-08-07 19:04:00
更新日時 2017-08-13 14:56:44
お金がない人たちから、あの手この手を使いお金を巻き上げる違法な貸金業闇金。 サラリーマンや中小企業の経営者だけでなく、大学生や主婦などにも被害が及び大きな問題として取り沙汰されています。 闇金の数や被害件数は年々減少傾向にありますが、一向に撲滅する気配はありません。 そんな闇金は、今後どうなっていくのでしょうか? そこで今回は、世の中の闇金問題を解決するために国はどう…
どうして自分だけこんなに借金の返済に追われなければならないのか…なんて考えたことはありませんか? そう思っているのは、あなただけではありません。 なんと、日本国内には1,347万人も借金を抱えている人が存在するんです。 ただ、負債があると言っても、数百万円から数千万円まで人によって様々です。 そのため、自分は他人と比較した時にどの程度なのか、他の人はどれくらいの負債を…
ある出来事から、一定の期間が経過する事により権利を取得したり失うことになる時効制度。 この時効制度は、法律上で定められているものであり、例えば金銭の貸し借りがあった際に一定の期間が経過すると債務者は返済する義務がなくなるというものなんですが…。 闇金の様に法を順守しない業者に対して時効はどれくらいで成立するのかなど、気になる点は色々と多いですよね。 そこで今回は、闇金の時効…
様々な手口の詐欺事件が増えてきている中、被害額は487億円と年々被害は増加してきており、中でも未成年者が逮捕される事例も多く報道されており、2013年に摘発された少年は262人にもなるそうです。 多くの理由は、目先の報酬に釣られ、犯罪組織の実態も分からずに割の良いバイトとして出し子や受け子をした人がほとんどのようです。 受け子や出し子は被害者と直接顔を合わせる可能性があり、防犯カ…
闇金の定義とは そもそも、闇金融の定義は、次のようになっています。 闇金融とは、ヤミ金融、ヤミ金、闇金などとも書かれ、国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者のことを言います。 また、貸金業の登録をしていながら出資法に違反する業者、高金利を取る業者なども、闇金融と言います。 闇金融とは、その意味や特徴など このように、出資法の…
駅前で「クレジットカード現金化」という立て看板を持ち勧誘をしている貸金業者はキャッシュバック金融の可能性があります。 このキャッシュバック金融は、違法ではないという考え方がある一方、逮捕者も出ており、現状ではグレーゾーンだと言われています。 そこで今回はこのキャッシュバック金融についてまとめてみました。 キャッシュバック金融とは? キャッシュバック金融とは、クレジット…
闇金融の今 最近では、多種多様な方法で営業をしている闇金。 090金融 リース金融 システム金融 チケット金融 デリバリー金融 など、手口が違うだけで、これほどの闇金が存在しています。 闇金の意味とは、定義など 22年 23年 24年 25年 26年 27年 検挙事件数 30…
利息制限法や出資法などの法律は一切無視で高い利息での貸付をおこなう闇金融ですが、単純にこの利息だけでお金を儲けているわけではありません。 債務者をさらに陥れ、お金を絞り取るという恐ろしい犯罪組織になります。 では、一体どんな方法で闇金は儲けているのでしょうか? そこで今回は、闇金が儲かる仕組みについてまとめてみました。 闇金が儲かる仕組みとは? そもそも闇金はど…
日本国内で借金を抱えている方は約1,347万人いるとされており、実に9人に1人が借金を抱えている計算になります。 これほど債務者がいるとなると、中には、生活を安定させるために税金よりも先に借金を返済しているという方も多いのではないでしょうか? ただ、税金を後回しにして先に借金の返済をおこなっても良いものなのか? また、税金を滞納し続けるとどうなるのかなど、気になるところは多…
自己破産者や多重債務者、無職、未成年など関係なしに融資をおこなう闇金。 本人に支払い能力がないと判断すれば、周囲の人間からとことん回収できるので、どんな人であっても融資をおこなうようです。 闇金は支払いが滞るとまずは、本人から一番近い立場である家族から回収しようとします。 そのため、自分の子供が闇金からの返済が滞ってしまうと親の元に取り立てがきたり、嫌がらせを受ける事になり…

地域別