暴利と知っていて闇金からお金を借りる理由

暴利と知っていて闇金からお金を借りる理由/疑問・なぜ

高すぎる利息で貸付をし、脅迫や嫌がらせなど強制的に貸したお金を回収するという明らかに違法な闇金。

闇金を利用する人の理由は様々考えられますが、ほとんどの場合は、闇金だと知らずに利用したり、ダマされてしまうというのが多いようです。

しかし、中には暴利だと知っていながら闇金を利用する人もいます。

そんな闇金だと分かっているのに利用する人はどんな理由があって闇金から借金をするのでしょうか?

そこで今回は、暴利だと知っていて闇金からお金を借りる理由についてまとめてみました。

なぜ闇金を利用するのか?

さて、闇金だと知っていてなぜお金を借りるのかといいますと、他に借金をするアテがないというのが一番理由としては多いようです。

闇金を利用する人のほとんどは多重債務者です。

多重債務者の多くは返済のためのキャッシングをする傾向があります。

A社から借金をして返済できず、別のB社からさらにキャッシングをしてA社の返済にあてる…という感じになります。

このやり方が何度も続くと、自然と利用件数も増えていきます。

はじめは順調に通った審査も、借入先がが増えるにつれてだんだん厳しくなっていきます。

そして、最終的には、どこからも借りれない状態になってしまい、闇金から借りざるをえないことになってしまうのです。

また、闇金を利用する人にはお金が即時に欲しいという人もいるようです。

銀行や消費者金融で融資を受ける場合は、審査などの手続きがあるため、即時に借り入れることはできませんが、闇金の場合だと、簡単な審査ですぐに借り入れる事ができるので利用するようです。

その他の理由としては、自己破産者であったり、職場や家族に知られたくないなどの事情が挙げられています。

闇金利用者に対する対応

さて、闇金を利用せざるを得ない理由は一般的な消費者金融で借入ができない事が問題ですが、現在、消費者金融の審査は非常に厳しいのが現状です。

というのも、平成18年(2006年)の貸金業法改正以前は、多くの貸金業者が出資法の改正前の上限金利「年29.2%」と利息制限法の上限金利「年15~20%」の間(グレーゾーン金利)で貸し付けをおこなっていました。

しかし、平成22年(2010年)6月に貸金業法等の改正が完全施行され、出資法の上限金利は20%に引き下げられ、グレーゾーン金利は撤廃されました。

このことにより、貸金業者が利益を確保することが難しくなりました。

すると、審査はより厳しくなり、しっかりと返済できる人しか融資をされなくなり、一般的な消費者金融ですら借り入れできない人が増えてしまいました。

そこで、仕方なく闇金を利用するという人が多くでてきたようです。

現在は、規制緩和に向け、貸金業法の再改正案を検討しているようです。

その内容は、一定の条件を満たす貸金業者を「認可貸金業者」と認定し、この認可業者に限り、上限金利を貸付金額に応じて15~20%に制限している利息制限法の適用から外し、2010年まで有効だった29.2%に戻すというものになります。

認可業者は、個人の総借入額を年収の3分の1以内に制限する「総量規制」からも除外する方針のようです。

これが正式に決まると、仕方なく闇金を利用している人が減ってくるのでしょうか…。

カテゴリー 疑問・なぜ
作成日時 2017-08-08 22:19:08
更新日時 2017-08-13 14:56:17
借りたお金を滞納してしまうと闇金業者は必要以上の嫌がらせをしてきます。 被害者に巧妙な手口で精神的苦痛を与えてくるだけでなく、親戚や職場、自宅近所の近隣住民にまでも迷惑行為を与えてきます。 そこで、実際に闇金からの借金を滞納するとどのような報復を受けることになるのかまとめてみました。 実際にどのような報復があるのか? 闇金は滞納してしまった債務者にどのような嫌…
自己破産者や多重債務者、無職、未成年など関係なしに融資をおこなう闇金。 本人に支払い能力がないと判断すれば、周囲の人間からとことん回収できるので、どんな人であっても融資をおこなうようです。 闇金は支払いが滞るとまずは、本人から一番近い立場である家族から回収しようとします。 そのため、自分の子供が闇金からの返済が滞ってしまうと親の元に取り立てがきたり、嫌がらせを受ける事になり…
違法な高金利で貸金業を営む闇金融。 この行為は当然ながら犯罪ではありますが、高金利ゆえに大きな利益を挙げることのできる職種となっています。 ではそんな闇金になるにはどのような方法があるのでしょうか? 今回は闇金の就職に関してまとめてみました。 闇金は違法 さて、闇金になる方法について説明する前に闇金業者がおこなっている行為は犯罪行為だということを理解しておきまし…
日本国内で借金を抱えている方は約1,347万人いるとされており、実に9人に1人が借金を抱えている計算になります。 これほど債務者がいるとなると、中には、生活を安定させるために税金よりも先に借金を返済しているという方も多いのではないでしょうか? ただ、税金を後回しにして先に借金の返済をおこなっても良いものなのか? また、税金を滞納し続けるとどうなるのかなど、気になるところは多…
銀行のATMやクレジットカードを使用した時など、様々な場面で打ち込むことがある暗証番号。 近年、この暗証番号が第三者に知られてしまい、個人情報の流出や他人にクレジットカードを使用されてしまうなど、非常に悪質な事件が多発しています。 その理由として、誕生日など他人に知られやすい数字を暗証番号として利用している、それをさらに色々な場所で使いまわしているなどが考えられ、これらは非常に危険な…
嫌がらせ目的で、頼んでもいないピザや寿司などの出前を勝手に注文してくる闇金業者。 これらの行為は、主に返済期日を過ぎてしまった時や支払いを拒否した時などにされており、闇金が行なう嫌がらせの常套手段と言えます。 また、この嫌がらせに対して何の対策も取らず放置していると、更にエスカレートして思いもよらない出前が届く…なんてこともあるようなんです。 そこで今回は、闇金がしてくる嫌…
利息制限法や出資法などの法律は一切無視で高い利息での貸付をおこなう闇金融ですが、単純にこの利息だけでお金を儲けているわけではありません。 債務者をさらに陥れ、お金を絞り取るという恐ろしい犯罪組織になります。 では、一体どんな方法で闇金は儲けているのでしょうか? そこで今回は、闇金が儲かる仕組みについてまとめてみました。 闇金が儲かる仕組みとは? そもそも闇金はど…
債務者の返済能力が衰えたと判断すると、家族や友人など、見境無く取り立てを行ってくる闇金業者。 この闇金の取り立てがあまりにも悪質なため、最後には離婚に至ってしまう夫婦もそうめずらしくないんです。 ですが、これほど悪質でしつこい闇金業者が、離婚しただけで嫁(旦那)への取り立てをやめてくれるのでしょうか? そこで今回は、離婚後にも家族や嫁(旦那)に闇金の取り立ては行くのか?とい…
ある出来事から、一定の期間が経過する事により権利を取得したり失うことになる時効制度。 この時効制度は、法律上で定められているものであり、例えば金銭の貸し借りがあった際に一定の期間が経過すると債務者は返済する義務がなくなるというものなんですが…。 闇金の様に法を順守しない業者に対して時効はどれくらいで成立するのかなど、気になる点は色々と多いですよね。 そこで今回は、闇金の時効…
「ブラックでも可能」「審査無し」など、甘い言葉を巧みに使い被害者を騙そうとする闇金業者。 闇金業者は、一般的な消費者金融では審査が通らない方を相手にしているため、無審査及び在籍確認無しなどを謳い文句に、多くの人を対象としています。 しかしその一方、闇金業者を利用した事がある方の中には、在籍確認は無かったはずなのに全く聞いたこともない人から会社に確認の連絡が来たという方も…。 …

地域別