闇金の時効は何年?返済しなくてもいい?

闇金の時効は何年?返済しなくてもいい?/疑問・なぜ

ある出来事から、一定の期間が経過する事により権利を取得したり失うことになる時効制度。

この時効制度は、法律上で定められているものであり、例えば金銭の貸し借りがあった際に一定の期間が経過すると債務者は返済する義務がなくなるというものなんですが…。

闇金の様に法を順守しない業者に対して時効はどれくらいで成立するのかなど、気になる点は色々と多いですよね。

そこで今回は、闇金の時効は何年なのか?という点をピックアップしてみました。

闇金の時効は何年で成立するの?

そもそも、時効とはどういったものなんでしょうか?調べてみたところ、民法第167条第1項(債権等の消滅時効)に以下の様な記載がされていました。

民法第167条第1項(債権等の消滅時効)

  • 債権は、10年間行使しないときは、消滅する。
  • 債権又は所有権以外の財産権は、20年間行使しないときは、消滅する。

とされていて、つまり「返済の請求ができるのに、何もせずに放置しておくようなら、請求できる権利を消失させますよ」という意味になるんです。

そのため、闇金にも時効を成立させることは可能であると言えます。

ただ、時効を成立させる為の期間は借用書の有無によって変わるので、以下にそれぞれどれくらいの期間が必要になるのかまとめてみました。

借用書を有する場合

闇金と契約を交わす際に借用書を作成した時、これが法律上で効力を発揮すると認められた場合は10年間で時効が成立する事になっています。

ただし、時効が成立するまでの間に一度でも金銭の貸し借りをする、返済に応じるなどの行動を起こした場合は時効成立までの期間がリセットされることになります。

借用書が無い場合

闇金と契約する際は携帯電話でのやり取りがほとんどとなっているため、借用書が存在しない事も多いと思います。

ですが、この場合も闇金に対して5年間返済に応じなければ、一般的な時効が成立することになります。

ただし、これも借用書を有する場合と同じで、時効が成立するまでの間に一度でも金銭の貸し借りをする、返済に応じるなどの行動を起こした場合は時効成立までの期間がリセットされることになります。

このように、闇金に対しても法律上は時効が成立するという事になりますが…。

冒頭で述べたように、そもそも法律を厳守しない闇金に対して仮に時効を主張したとしても、闇金が素直に取り立てをしなくなるのは考えづらく、時効成立後も以前と変わらず取り立てや返済を迫ってくる事が考えられます。

また、本来であれば闇金に対して元本を返済する義務も発生しないため、時効以前に返済に応じる必要が無いという事になります。

だからと言って、闇金からの取り立てを無視し続けると取り立てや嫌がらせ等を受ける原因となり、自分の首を締めかねない事態に陥ってしまいますよね。

いくら闇金に対して法律上は時効が成立すると言っても5年~10年もの期間、無視し続ける事は相応のリスクを背負うことになるので警察や弁護士に相談するなど、何かしらのアクションを起こしたほうが安全に解決できるといえます。

カテゴリー 疑問・なぜ
作成日時 2017-08-08 21:05:02
更新日時 2017-08-13 14:56:44
昼でも夜でも時間帯を気にすること無く、被害者が対応するまで迷惑電話を掛け続けてくる闇金業者。 普通、1日に数十件の電話が来るだけでも嫌になりますが、悪質な闇金業者になると1日に数百件の迷惑電話を掛けてくる事もあるんです。 これだけ執拗に電話を掛けてくる相手に対して着信拒否をしたくもなりますが、どんな仕返しをされるかわからないため、とても不安な気持ちになりますよね。 そこで今…
闇金被害が年々減少傾向に 現在では、法改正や危険な業者であると認知されて来たことにより、減少の傾向にあると言われている闇金業者。 世間一般の方が闇金を利用してはいけない、法律に違反しているという事を認知していても、被害者自身が借りてはいけないという意識を持たない限り、闇金被害が絶滅する事はありません。 22年 23年 24年 25年 26…
自己破産者や多重債務者、無職、未成年など関係なしに融資をおこなう闇金。 本人に支払い能力がないと判断すれば、周囲の人間からとことん回収できるので、どんな人であっても融資をおこなうようです。 闇金は支払いが滞るとまずは、本人から一番近い立場である家族から回収しようとします。 そのため、自分の子供が闇金からの返済が滞ってしまうと親の元に取り立てがきたり、嫌がらせを受ける事になり…
銀行のATMやクレジットカードを使用した時など、様々な場面で打ち込むことがある暗証番号。 近年、この暗証番号が第三者に知られてしまい、個人情報の流出や他人にクレジットカードを使用されてしまうなど、非常に悪質な事件が多発しています。 その理由として、誕生日など他人に知られやすい数字を暗証番号として利用している、それをさらに色々な場所で使いまわしているなどが考えられ、これらは非常に危険な…
闇金融の融資額や限度額 闇金融と言えば、違法の金融業者で、自己破産した方などでもお金が借りることが出来ます。 一般的な消費者金融では、年利29.2%という制限があるのですが、闇金ではこういった制限がありません。 そのため、利息は法外で年利にすると100%~500%となります。 そんな闇金から借金をしようとした場合、いくらまで借りることが出来るのでしょうか? …
ここ数年の間、ニュースなどで話題となったため注目されていますが、実は古い歴史を持つ闇金業者。 闇金を含むこの貸金業は、文字通り「お金を貸してその利息で利益を得る」というビジネスで、その内容だけを見ると銀行も闇金も仕組みが大きく変わることはありません。 また、この貸金業の仕組み、古くは江戸時代から始まっているとも言われていますが、歴史を調べようと思った時に詳しく書かれている情報サイ…
高すぎる利息で貸付をし、脅迫や嫌がらせなど強制的に貸したお金を回収するという明らかに違法な闇金。 闇金を利用する人の理由は様々考えられますが、ほとんどの場合は、闇金だと知らずに利用したり、ダマされてしまうというのが多いようです。 しかし、中には暴利だと知っていながら闇金を利用する人もいます。 そんな闇金だと分かっているのに利用する人はどんな理由があって闇金から借金をするので…
闇金業者の罰則強化 最近では、深刻な社会問題となっている闇金業者。 その闇金問題に対処するため、第156回国会において、ヤミ金融対策法(貸金業規制法及び出資法の一部改正法)が成立しました。 金融庁としても、貸金業登録制度の強化により、悪質な業者が安易に貸金業登録を行い暴力団等から資金を得て組織的に貸付けを行うといった事例の排除に努めるとともに、相談体制の強化や捜査当局等関係…
お金がない人たちから、あの手この手を使いお金を巻き上げる違法な貸金業闇金。 サラリーマンや中小企業の経営者だけでなく、大学生や主婦などにも被害が及び大きな問題として取り沙汰されています。 闇金の数や被害件数は年々減少傾向にありますが、一向に撲滅する気配はありません。 そんな闇金は、今後どうなっていくのでしょうか? そこで今回は、世の中の闇金問題を解決するために国はどう…
債務者の返済能力が衰えたと判断すると、家族や友人など、見境無く取り立てを行ってくる闇金業者。 この闇金の取り立てがあまりにも悪質なため、最後には離婚に至ってしまう夫婦もそうめずらしくないんです。 ですが、これほど悪質でしつこい闇金業者が、離婚しただけで嫁(旦那)への取り立てをやめてくれるのでしょうか? そこで今回は、離婚後にも家族や嫁(旦那)に闇金の取り立ては行くのか?とい…

地域別