闇金は儲かる?気になる利益は…

闇金は儲かる?気になる利益は…/疑問・なぜ

年々減少の傾向にはあるものの、未だ撲滅にはいたらない闇金業者。

国や警察、弁護士や闇金救済機関と、これだけの組織が闇金の撲滅にむけて動いているのにも関わらず、未だ後を絶ちません。

2003年以降は複数回に及び闇金に対する法改正も行われ、更にやりづらい環境となった中、それでも闇金業を続けるという事は…相当な利益を上げているから止められないという事が想像できますよね。

そこで今回は、闇金業者が得る利益や年収についてまとめてみました。

闇金の利益ってどのくらいあるの?

これだけ闇金に規制が厳しくなっている中、未だに闇金業者の逮捕ニュースをよく見かけますよね。

なぜ、厳しい環境下に置かれてもなお闇金業に手を染めるのでしょうか?

その理由として考えられるのが、高利益や高収入が大部分を占めていると思われます。

そこで、以下に闇金業者に関するニュースや体験の事例をもとに、闇金業者が得る利益や収入をまとめていきたいと思います。

事例1

2014年5月神奈川県警は、闇金業を営んだとして貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで男性ら3人を逮捕した。

神奈川県警によると、2012年12月から約10ヶ月の間に、山形県を除く全ての都道府県の約1700人に計3億4千万を貸し付け、総額5億7千万の返済を受けていたことがわかった。

この時、容疑者らは「1日0.6~5%の金利」で貸していたと供述しています。

ここで注目するべき点は、3億4千万を貸し付け、総額5億7千万の返済を受けていたところです。

たった10ヶ月の間だけで2億3千万円の利益を上げていた事がわかります。

事例2

福岡県で闇金業を営んでいたとして、成人男性ら4人が逮捕されました。

容疑者らは、闇名簿をもとに約1万人に対し電話やメールなどで勧誘を行なっていた。

その結果、全国の1200人に対し1億1000万を貸し付け、1億7000万の返済を受けていたことがわかった。

この事例の場合は、貸し付け期間等の詳細はわかりませんが、1億1000万を貸し付け、1億7000万の返済を受けていたことから約6000万円の利益を上げていたことがわかります。

事例3

東京都内で闇金業を営んでいたとして、成人男性5ら人が逮捕されました。

容疑者らは、ソフト闇金と呼ばれるグループで強引な取り立てをせず小口融資を続けることで摘発を逃れていたとみられます。

また、闇名簿をもとに電話やダイレクトメールにて勧誘を行なっていた結果、2009年1月~2011年4月の約2年間の内に全国で約2000人に7000万を貸し付け、1億2500万の返済を受けていた事がわかりました。

この事例は、ソフト闇金と呼ばれる小口融資を専門としたグループだったため、被害報告も少なく長期間に渡って闇金業を営むことが出来たと思われます。

営業していた期間は2009年1月~2011年4月の約2年間で、7000万を貸し付け1億2500万の返済を受けていたことから約5500万円の利益を上げていたと思われます。

ここまで見てわかるように、闇金業者の多くは数千万単位での利益を上げていることがわかります。

また、インターネット上の情報サイトでは闇金業者幹部の年収が3000万との話も…。

いずれにせよ、闇金業者に多くの収益があることはわかりましたが、闇金業は立派な犯罪行為です。

決して闇金業を営もうなんて考えを起こさないようにしましょう。

カテゴリー 疑問・なぜ
作成日時 2017-08-08 15:20:10
更新日時 2017-08-15 18:36:16
どうして自分だけこんなに借金の返済に追われなければならないのか…なんて考えたことはありませんか? そう思っているのは、あなただけではありません。 なんと、日本国内には1,347万人も借金を抱えている人が存在するんです。 ただ、負債があると言っても、数百万円から数千万円まで人によって様々です。 そのため、自分は他人と比較した時にどの程度なのか、他の人はどれくらいの負債を…
高すぎる利息で貸付をし、脅迫や嫌がらせなど強制的に貸したお金を回収するという明らかに違法な闇金。 闇金を利用する人の理由は様々考えられますが、ほとんどの場合は、闇金だと知らずに利用したり、ダマされてしまうというのが多いようです。 しかし、中には暴利だと知っていながら闇金を利用する人もいます。 そんな闇金だと分かっているのに利用する人はどんな理由があって闇金から借金をするので…
利率など法律で決められている中、様々なサービスでライバル業者と対立する日本の貸金業者。 貸金業の種類だけでも、銀行や信用金庫、消費者金融などと様々あり、その中でも利率や審査、返済方法などもそれぞれですが、日本以外の国ではどうなっているのでしょうか? そこで今回は、海外では借金をした場合金利はどれくらいなのかまとめてみました。 海外の借金の金利 さて、そもそも日本と同じ…
借りたお金を滞納してしまうと闇金業者は必要以上の嫌がらせをしてきます。 被害者に巧妙な手口で精神的苦痛を与えてくるだけでなく、親戚や職場、自宅近所の近隣住民にまでも迷惑行為を与えてきます。 そこで、実際に闇金からの借金を滞納するとどのような報復を受けることになるのかまとめてみました。 実際にどのような報復があるのか? 闇金は滞納してしまった債務者にどのような嫌…
なぜ?間違い電話や迷惑電話が多い理由 最近になり、間違い電話や迷惑電話が増えたという方はいないでしょうか? 間違い電話 迷惑電話 無言電話 ワン切り電話 このような電話の多くは、知らない番号から掛かってきて、電話に出たものの無言で切られてしまった。そもそも、電話に出る前にワン切りで切られてしまったなどがあると思います。 実は、その電話ですが、闇金…
嫌がらせ目的で、頼んでもいないピザや寿司などの出前を勝手に注文してくる闇金業者。 これらの行為は、主に返済期日を過ぎてしまった時や支払いを拒否した時などにされており、闇金が行なう嫌がらせの常套手段と言えます。 また、この嫌がらせに対して何の対策も取らず放置していると、更にエスカレートして思いもよらない出前が届く…なんてこともあるようなんです。 そこで今回は、闇金がしてくる嫌…
闇金業者の罰則強化 最近では、深刻な社会問題となっている闇金業者。 その闇金問題に対処するため、第156回国会において、ヤミ金融対策法(貸金業規制法及び出資法の一部改正法)が成立しました。 金融庁としても、貸金業登録制度の強化により、悪質な業者が安易に貸金業登録を行い暴力団等から資金を得て組織的に貸付けを行うといった事例の排除に努めるとともに、相談体制の強化や捜査当局等関係…
日本だけではなく、中国や韓国をはじめとした近隣諸国にも存在する闇金業者。 日本ではもちろんのこと、海外においても闇金は暴利な利息を求めたり、無理やり貸し付けを行なうなど悪質な闇金業者は多く存在します。ですが、なかなか海外の闇金に関する情報を知ることは少ないですよね? そこで今回は、日本以外の韓国や中国に関する闇金事情をまとめていきます。 闇金は日本だけじゃない、韓国や中国に…
ある出来事から、一定の期間が経過する事により権利を取得したり失うことになる時効制度。 この時効制度は、法律上で定められているものであり、例えば金銭の貸し借りがあった際に一定の期間が経過すると債務者は返済する義務がなくなるというものなんですが…。 闇金の様に法を順守しない業者に対して時効はどれくらいで成立するのかなど、気になる点は色々と多いですよね。 そこで今回は、闇金の時効…
貸金業として登録をせずに営業している闇金融。 法外な利息に取立てや嫌がらせなど、全てにおいて違法な犯罪組織なのですが、闇金業者で働いている従業員は一体どのようにして集められた人たちなのでしょうか? そこで今回は、闇金業者の求人の募集方法や手口についてまとめてみました。 闇金業者の求人の募集方法とは? さて、闇金業者はどのようにして従業員を募集しているのかといいますと、…

地域別