闇金業者に最初に振り込む仮融資とは?手口や手法など

闇金業者に最初に振り込む仮融資とは?手口や手法など/手口や手法

債務者を巧妙な手口を使って騙し、少しでも多くのお金を搾取しようと企んでくる闇金業者。

そんな闇金業者が使ってくる手口の中に、仮融資と呼ばれる手法が存在します。

これは一見、正当な理由と見せかけて債務者からお金をだまし取る手口のため、非常に悪質で事前に手法などの情報を知っておく事が大事になってくるんです。

ですが、仮融資を仕掛けてくる際の流れなどを知っている人は、かなり少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、闇金で聞く仮融資の手口や手法についてまとめてみました。

闇金で聞く仮融資とは

では、そもそも仮融資とはどんな意味があるんでしょうか?

これは、主に初めて融資を受ける際に使われる手法で、あなたの「信用」や「返済能力」を確認するためなどと理由を付け、融資を受ける前に融資希望額の2倍~3倍のお金を振り込むように仕向けてくる手口の事を言います。

この時、借入者も初めて利用するのだから仕方がない、という心理が働きやすくなるため、闇金業者はその心の隙を付いてお金を騙し取ろうとしてくるんです。

また、先に1万円程度のお金を債務者の銀行口座に振り込み、倍額の2万円を返済出来ればさらに高額融資をするなどと言い、言葉巧みにお金を搾取してくる場合もあるそうです。

仮融資の手口や手法って?

では、実際に仮融資を持ちかけられる際の手口や流れを以下にまとめてみたので、確認してみましょう。

闇金がおこなう仮融資の流れ

1.闇金の申請を通過した後、希望額を聞かれる

まずはじめに、闇金の申請を通過した後あなたの借入れ希望金額を聞かれます。

しかし、ほとんどの場合その希望額が通ることは少なく、業者側が提示する金額に収まる事がほとんどとなっています。

2.借入れの実績や返済能力を試したいと持ちかけられる

闇金側からの融資額が決定後、今度は融資した後あなたに返済能力があるのか、もしくは融資の前に取り引きをした実績を作りたいなどと言い、闇金側が融資に対して貸し渋ってきます。

3.融資する前に闇金側へお金を振り込むよう言われる

この時、例えば借入れ額を1万円とした場合、闇金側から「あなたに1万円を融資する前に、返済能力を検証するため先にこちら側に2万円支払って下さい」などと持ちかけられます。

その際に、この2万円は借入れ希望額の1万円にプラスして返却するなどと謳ってくるため、騙される方も多くなっているんです。

この様に、闇金業者側は言葉巧みにあなたからお金を搾取しようとしてきます。

また、この仮融資の場合で言えば先に振り込んだ2万円が返却されることはほとんど無く、そのまま連絡が取れなくなるか、希望額の1万円のみが振り込まれ結局こちら側がマイナスになるというケースが多くなっています。

仮融資の事例って?

最後に、インターネット上の情報サイトに掲載されていた、実際にあった仮融資の事例を見てみましょう。

被害の事例1

状況

ある貸金業者のチラシがポストに入っていました。

チラシに書かれていた貸付の金額は1~20万くらい、年14-19%の利息とのことでした。

20万を借りるために電話をしたところ、審査後に最近は金融の制度などがいろいろ変わったため、以前にお取り引きのない人(信用情報のない人)に初回から20万の枠をつくることができない。

なので、まずは一ヶ月間、仮の融資期間を求めたい。

この事前の仮融資期間で、連絡や返済がきちんとなされるかを確認してから20万の枠をとりたい。

そのため、まずは2万円を(貸金業者から)振り込むので、10日後に1万円、さらに10日後に1万円、その一週間後に完済日として3万の計5万を返済してください。

その後、過払い分の3万円は、本融資のときにお返しします、などと持ちかけられたそうです。

対策

この場合、債務者の方は仮融資システムを不審に思ったため、振り込むことをせず被害を未然に防ぐ事が出来たそうです。

ですが、5万円を振り込むだけで20万円の融資を受けられるなどの甘い誘惑を持ちかけられると、思わず乗ってしまう方も多いと思います。

このように悪質な手口に引っかからない為にも、絶対に闇金は利用しないようにしましょう。

カテゴリー 手口や手法
作成日時 2017-08-08 19:36:42
更新日時 2017-08-13 14:56:44
数年前から高騰している金価格。 資金運用のため金を売買している人も多いですが、中にはこれを逆手にとり、悪い事でお金儲けをする人達も存在します。 融資をおこない、暴利な金利を取る闇金融もこの金貨を利用し、巧妙な手法で違法な貸金業をおこなっているようです。 そこで今回は、この金貨を利用した闇金融「金貨金融」の手口や手法についてまとめてみました。 金貨金融の手口や手法って?…
「債権が譲渡されたので、これからは弊社へ返済するようにしてください」。 このような状態になった場合、債権回収・債権買取金融の可能性が高いです。 何も知らなければ納得して、新しい業者に返済してしまいそうですが、この手口は債権譲渡を装った悪徳な闇金になります。 このような手口に引っかからないためにも今回は債権買取金融についてまとめてみました。 債権買取金融とは? 債…
お金が今すぐに必要だという場合、冷静に判断できなくなり、後先考えずに闇金を利用する人がいます。 最近では、すぐに現金が手に入る「買取屋」という闇金による被害が増えているようです。 この買取屋とは一体どのような手口や手法で営業しているのでしょうか? そこで今回は、買取屋の実態についてまとめてみました。 買取屋の手口・手法 買取屋とは、クレジットカードで高価なものを…
言葉巧みに消費者をだまし、お金を搾取すると姿をくらませる闇金商法業者。 そんな闇金商法の手口の一つに、名義貸し商法と呼ばれるものが存在します。 これは、融資枠の統計調査アルバイトと謳い最終的に消費者金融等で契約を結ばせる、という事になるのですが… その手口や手法があまり知られていないためか、騙されてしまう方が多く存在するんです。 そこで今回は、融資枠調査などに使わ…
融資の際に信用を作るためにお金を一度振り込んでくれと言ってくる貸金業者がいます。 その場合、信用屋という詐欺行為をおこなう闇金融業者の可能性があります。 信用屋はその一度振り込ませたお金をそのまま奪い、融資することなく逃げてしまうという悪徳業者になります。 今回はこの信用屋の手口や手法、実際にあった事例をまとめてみました。 信用屋の手口や手法とは? 信用屋とは、…
東京や大阪などの都市で生活している人なら街中でチラシや看板などでチケット金融の広告を一度は目にしたことがある人も結構いるのではないでしょうか。 このチケット金融は、2000年代から関西地方を中心に急増し東京でも多く広まった闇金です。 最近ではこのチケット金融は減ってきましたが、そもそもそのの手口とはいったいどのようなものなのでしょうか。 チケット金融の手口とは? チケ…
債務者を巧妙な手口を使って騙し、少しでも多くのお金を搾取しようと企んでくる闇金業者。 そんな闇金業者が使ってくる手口の中に、仮融資と呼ばれる手法が存在します。 これは一見、正当な理由と見せかけて債務者からお金をだまし取る手口のため、非常に悪質で事前に手法などの情報を知っておく事が大事になってくるんです。 ですが、仮融資を仕掛けてくる際の流れなどを知っている人は、かなり少ない…
恐喝や脅迫で取り立てをおこなう闇金ですが、その中でも、最近ではそのような強引な取り立てを行わないソフト闇金というものが広まりつつあります。 あまりメディアで露出しておらず、警察でもその定義をしっかりと定めていないため、曖昧な物となっていますが、果たして、ソフト闇金の実態はどのようなものなのでしょうか? そこで今回は、このソフト闇金の手法についてまとめていきます。 ソフト闇金…
押し貸しや年金担保金融といった代表的なものをはじめ、様々な手法を用いて貸金業をおこなう闇金業者。 その数ある闇金の種類の一つにパンスト金融と呼ばれるものがあり、主婦層や高齢者を中心とし被害が広がっているんです。 ですが、あまり聞き慣れない闇金の手法のため、どういった手口を使ってくるのか?どんな対策をしたらいいのかなど、わからない方も多いですよね。 そこで今回は、パンスト金融…
直接FAXやダイレクトメールで融資勧誘をしてくるシステム金融。 即日、低金利で高額な融資が受けられるかのような内容で勧誘してくるが、手形・小切手を担保に取って高金利で融資を行う違法な金融業者になります。 主に中小企業をターゲットにしているため、個人ではあまり聞き覚えのない闇金だとは思いますが、そんなシステム金融の手口とはいったいどのようなものなのか。 金融としてもビジ…

地域別