リース金融とは、手口や手法など

リース金融とは、手口や手法など/手口や手法

お金が必要な時に自分名義の自動車や家具を担保に融資を受けることができるリース金融。

一見、よくありそうな貸金業者のようですが、実際は9割が違法業者という非常に危ない領域…。(※もちろん、ちゃんとした業者もあります。)

そんなリース金融の手口は一体どのようなものなのでしょうか。

リース金融の手口は?

そもそもリース金融とは、名前の通りリース契約を装った手口の闇金になります。

リースを名目にお金を貸すという形をとっているので、表向きは貸金業ではありません。

しかし、利息制限法の上限利率の規制を受けないため、法定利息の上限を大幅に超えた利息を徴収します。

契約の中で売買契約を結んでいるため、債務者は自動車や家財道具を守るため、新たな借り入れもするようになります。

そして、そこにはさらに闇金が潜んでおり、債務が連鎖するようにつながっていきます。

リース金融の中でも、多く広まっているのが家具リース金融と自動車リース金融というもので、リース契約するものは異なりますが根本的な手法は同じようなものになります。

では、それぞれの特徴をみていきましょう。

家具リース金融

家具リース金融は、家財道具を買い取ったように見せかけ、仮装リース契約によりリース料という形で法外な利息を請求するというものです。

売買契約書と賃貸借契約書を作成し、その代金という形で現金を渡します。

もちろん、貸金業の登録はしていませんが、形上、古物商を持っていたり、仲介者の古物商業者と共謀している場合が多いです。

もし、支払いが滞ってしまうと、取立ての対象となり、支払不能になれば、家具を全て回収し売却されることになります。

自動車リース金融

自動車リース金融は、所有する車を買取という形をとり、架装リース契約によりリース料という形で法外な利息を請求するというものです。

関連業者と提携していたり、系列で中古車屋を営んでおり、車を預けるパターンと乗ったままのパターンがあります。

預ける場合だと、名義変更手続きの書類一式を作成し、業者に預けることにより融資を受けます。

乗ったままの場合だと、普通のリース契約のような状態ですが、返済が遅れると車を引き上げられ、第三者に売却されることになります。

タチの悪い闇金業者だと、自動車の名義を変更し、盗難届が出され、窃盗罪で逮捕されることになります。

通常の車の買取時と同様、印鑑証明書、実印、車検証が必要になります。車検証の住所と印鑑証明の住所が違う場合は住民票、法人の場合は謄本が必要のようです。

狙われやすいターゲットは?

さて、この家具リース金融や自動車リース金融の被害者に遭う人はみんな家具や自動車という財産を所有している人になります。

そのため、主婦やサラリーマンなどが多くターゲットして狙われやすいようです。

その中でも、ほとんどの場合はブラックや無職の人が電柱などに貼られている「無職OK」「車に乗ったままでOK」など甘い誘惑の載ったチラシなどを見たことからはじまります。

そんな財産を手放そうす覚悟である状況の人が、一度問い合わせでもしたら最後。

銀行や消費者金融ではなく、闇金業者に辿り着いてしまう人は、焦りや不安から冷静な判断ができなくなってしまっている場合が多く、闇金はこの状態を逆手に取ろうとします。

契約時は、優しい口調での対応ですが、その実態は債務者や親戚が持っている財産など搾り取れるところは全部持っていこうとするのが闇金融です。

契約してしまえば、最終的には車や家具を失うどころか、さらに高額な借金を背負ってしまう事になるでしょう。

ショッピング枠を現金化する買取屋も…

これらのリース金融と似たもので、買取屋というものも存在しています。

この買取屋とは、クレジットカードで高価なものを購入させ、商品を換金する手数料として法外な金額を請求する業者のことで、クレジットカードで貴金属やパソコン、家電製品、ブランド品、チケットなど換金率の高い商品や高額な商品を買わせ、その商品を購入価格の3割~4割程度で買い取り、ディスカウントショップや金券ショップに転売することで多額の利益を得ています。

最近話題になっているクレジットカードのショッピング枠を現金化するものと同じ仕組みです。

ショッピング枠を現金化、買取屋とは?手口・手法など

これも闇金の一種となるので、借金をしようとしているのに、何かを買わされそうになった場合は、注意しましょう。

カテゴリー 手口や手法
作成日時 2017-08-06 17:10:12
更新日時 2017-08-14 09:59:15
電話一本で簡単に申し込みができるという謳い文句で有名な090金融。 その手軽さから、一時的にブームになったのも記憶に新しいのではないでしょうか。 現在でもたまに090から始まる勧誘チラシや看板をを見かけることはありますが、所在地などは不明なので、実態は掴めないようです。 しかし、違法な闇金だと分かっていながらも、審査がゆるく、時と場所を選ばないという事で未だに利用する人も……
言葉巧みに消費者をだまし、お金を搾取すると姿をくらませる闇金商法業者。 そんな闇金商法の手口の一つに、名義貸し商法と呼ばれるものが存在します。 これは、融資枠の統計調査アルバイトと謳い最終的に消費者金融等で契約を結ばせる、という事になるのですが… その手口や手法があまり知られていないためか、騙されてしまう方が多く存在するんです。 そこで今回は、融資枠調査などに使わ…
「年金担保」「生活保護で融資」等の謳い文句で、年金証書や銀行の通帳などを預かり、実質上年金や児童手当、生活保護受給権を違法に担保にとる貸付をする違法な年金担保金融。 これらの受給権は社会生活保障上の制度であり、社会福祉医療事業団などの公的機関を除き、各法律により譲渡や担保設定が禁止されています。 しかし、高齢者ということを逆手に取って騙し、違法な金利で貸付をおこない、債務者本人は…
闇金や消費者金融とは全く関わりのない人にまで、悪質な貸し付けをしてくる闇金業者。 そんな闇金の一つに、キャンセル金融と呼ばれる業者が存在します。 これは、闇金を利用していないのに被害を受けたという方も数多く存在し、対策や対処法を知っておきたい闇金業者の一つと言えます。 ですが、キャンセル金融の手口や手法を知らない方も多く、対策を取ろうとしてもどうしたらいいのかわからない、と…
債務者を巧妙な手口を使って騙し、少しでも多くのお金を搾取しようと企んでくる闇金業者。 そんな闇金業者が使ってくる手口の中に、仮融資と呼ばれる手法が存在します。 これは一見、正当な理由と見せかけて債務者からお金をだまし取る手口のため、非常に悪質で事前に手法などの情報を知っておく事が大事になってくるんです。 ですが、仮融資を仕掛けてくる際の流れなどを知っている人は、かなり少ない…
直接FAXやダイレクトメールで融資勧誘をしてくるシステム金融。 即日、低金利で高額な融資が受けられるかのような内容で勧誘してくるが、手形・小切手を担保に取って高金利で融資を行う違法な金融業者になります。 主に中小企業をターゲットにしているため、個人ではあまり聞き覚えのない闇金だとは思いますが、そんなシステム金融の手口とはいったいどのようなものなのか。 金融としてもビジ…
東京や大阪などの都市で生活している人なら街中でチラシや看板などでチケット金融の広告を一度は目にしたことがある人も結構いるのではないでしょうか。 このチケット金融は、2000年代から関西地方を中心に急増し東京でも多く広まった闇金です。 最近ではこのチケット金融は減ってきましたが、そもそもそのの手口とはいったいどのようなものなのでしょうか。 チケット金融の手口とは? チケ…
様々な手口や手法で人を陥れる闇金。 そんな闇金の手口の一つとしてデリバリー金融というのが存在します。 デリバリーと聞くと、ピザや寿司などをイメージしますが、闇金融でのデリバリーとはどんなものなのでしょうか? そこで今回は、闇金の一種「デリバリー金融」についてまとめてみました。 デリバリー金融とは? デリバリー金融とは、名前の通り、自宅までお金を届けてくれる貸金業…
お金が今すぐに必要だという場合、冷静に判断できなくなり、後先考えずに闇金を利用する人がいます。 最近では、すぐに現金が手に入る「買取屋」という闇金による被害が増えているようです。 この買取屋とは一体どのような手口や手法で営業しているのでしょうか? そこで今回は、買取屋の実態についてまとめてみました。 買取屋の手口・手法 買取屋とは、クレジットカードで高価なものを…
お金が必要な時に自分名義の自動車や家具を担保に融資を受けることができるリース金融。 一見、よくありそうな貸金業者のようですが、実際は9割が違法業者という非常に危ない領域…。(※もちろん、ちゃんとした業者もあります。) そんなリース金融の手口は一体どのようなものなのでしょうか。 リース金融の手口は? そもそもリース金融とは、名前の通りリース契約を装った手口の闇金になりま…

地域別