一体なぜ?闇金が無くならない理由

一体なぜ?闇金が無くならない理由/疑問・なぜ

闇金業者の罰則強化

最近では、深刻な社会問題となっている闇金業者。

その闇金問題に対処するため、第156回国会において、ヤミ金融対策法(貸金業規制法及び出資法の一部改正法)が成立しました。

金融庁としても、貸金業登録制度の強化により、悪質な業者が安易に貸金業登録を行い暴力団等から資金を得て組織的に貸付けを行うといった事例の排除に努めるとともに、相談体制の強化や捜査当局等関係機関との一層の連携強化を狙っています。

【一部改正】ヤミ金融対策法の内容とは

罰則の大幅な引上げ

今回のヤミ金融対策法によって、高金利貸付け、無登録営業に関する罰則が大幅に引き上げられました。

  • 高金利違反:5年以下の懲役、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金
  • 無登録営業:5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金

違法な広告、勧誘行為の規制

また、無登録業者の広告、勧誘行為について罰則が適用されるようになりました。

  • 無登録業者の広告:百万円以下の罰金
  • 無登録業者の勧誘行為:百万円以下の罰金

違法な取立行為の規制強化

正当な理由のない夜間の取立て、勤務先等居宅以外への電話や訪問、第三者への弁済の要求など行ってはならない取立行為の具体例について、法律で明確にされるとともに、罰則も引き上げられました(無登録業者の行為も罰則の対象となります)。

  • 罰則の引上げ:2年以下の懲役、3百万円以下の罰金

闇金業者が無くならない理由

このように、非常に重い罰則がありながらも、闇金業者が無くならない理由はなぜなんでしょうか?

もちろん、このような罰則の強化により、撤退をした闇金業者もいるかもしれませんが、実際に、営業をしている闇金業者も多くいます。

闇金業者が無くならないのは、警察が逮捕・摘発していないわけではありません。

闇金の逮捕などのニュース

【闇金対策】だまされたふり作戦とは

しかしながら、闇金業者が絶滅せず、被害者が出ているのは、摘発されて無くなる以上に、新しい闇金業者が増えていることが挙げられます。

その理由としては、闇金というのは非常に始めやすいビジネスであることです。

あなたも、今すぐにでも闇金を始めることが出来ます。

お金を借りたがっている友人に、一万円を貸して、利息として五千円をもらいましょう。

それを業として営めば、闇金業者の出来上がりです。

本来、貸金業は審査が必要な登録制ですが、闇金は無登録で開業し、人に金を貸すのに特殊な設備も必要ありません。

ただ、こういった行為は、違法行為になります。

いくら手軽に開業できるからといって、始めてはいけません。

上記のような罰則を受けることとなります。

また、業者側も逮捕されないように、社名を変え、店舗を変え、従業員を変え、手口を変えて営業しています。

摘発してもまるで水が湧くかのように新しい闇金業者が現れます。

先程も言いましたが、パソコンが1台あれば、営業も集客もなんでも出来てしまいます。

もう一つの理由としては、需要があることです。

  • お金が必要な人
  • 消費者金融から借金ができない人
  • 月末でお金がない人

暴利と知っていて闇金からお金を借りる理由

あと数万円あったら、楽になると思って悩んでいる人は、すべて闇金の潜在的な顧客と言えます。

もし、お金が無くて、明日からホームレスになる覚悟はありますか?

こういった質問をした時に、ホームレスになれるという方はほとんどいません。

やはり、現状の生活レベルを落とすことが出来ませんし、何より周りの視線も気になります。

何をするにも、お金は必要不可欠です。

お金が無くては何もすることが出来ません。

家賃を払うのも、食べ物を買うのも、お金が必要です。

こういったお金にまつわる需要が無くなることはありません。

この需要がなくならない限り、闇金業者もなくならないでしょう。

カテゴリー 疑問・なぜ
作成日時 2017-03-17 18:29:12
更新日時 2017-08-13 15:02:10
銀行のATMやクレジットカードを使用した時など、様々な場面で打ち込むことがある暗証番号。 近年、この暗証番号が第三者に知られてしまい、個人情報の流出や他人にクレジットカードを使用されてしまうなど、非常に悪質な事件が多発しています。 その理由として、誕生日など他人に知られやすい数字を暗証番号として利用している、それをさらに色々な場所で使いまわしているなどが考えられ、これらは非常に危険な…
給料の支払いや公共料金の引き落としなどに使われ、日本で生活していく上で、なくてはならない銀行口座。 一般的に、銀行口座は簡単な審査程度で、開設することが可能ですが、中には、口座開設を拒否されてしまうケースもあるようです。 この場合、なぜ銀行口座が作れないのでしょうか? そこで今回は、銀行口座が作れない理由についてまとめてみました。 口座開設できない理由 さて、銀…
様々な手口の詐欺事件が増えてきている中、被害額は487億円と年々被害は増加してきており、中でも未成年者が逮捕される事例も多く報道されており、2013年に摘発された少年は262人にもなるそうです。 多くの理由は、目先の報酬に釣られ、犯罪組織の実態も分からずに割の良いバイトとして出し子や受け子をした人がほとんどのようです。 受け子や出し子は被害者と直接顔を合わせる可能性があり、防犯カ…
闇金被害が年々減少傾向に 現在では、法改正や危険な業者であると認知されて来たことにより、減少の傾向にあると言われている闇金業者。 世間一般の方が闇金を利用してはいけない、法律に違反しているという事を認知していても、被害者自身が借りてはいけないという意識を持たない限り、闇金被害が絶滅する事はありません。 22年 23年 24年 25年 26…
貸金業登録を行わず、法律も一切無視の闇金。 そんな違法な闇金がおこなう行為は当然ながら犯罪です。 そのため、その犯罪行為に使われていたものは全て警察に取り締まられる事になります。 その中の一つとして挙げられるのが銀行口座。 貸金業の中でも、もっとも重要なものになります。 たとえ、闇金業者を利用しただけの人の口座でも使用された経歴があれば口座が凍結されることになり…
違法な高金利で貸金業を営む闇金融。 この行為は当然ながら犯罪ではありますが、高金利ゆえに大きな利益を挙げることのできる職種となっています。 ではそんな闇金になるにはどのような方法があるのでしょうか? 今回は闇金の就職に関してまとめてみました。 闇金は違法 さて、闇金になる方法について説明する前に闇金業者がおこなっている行為は犯罪行為だということを理解しておきまし…
借りたお金を滞納してしまうと闇金業者は必要以上の嫌がらせをしてきます。 被害者に巧妙な手口で精神的苦痛を与えてくるだけでなく、親戚や職場、自宅近所の近隣住民にまでも迷惑行為を与えてきます。 そこで、実際に闇金からの借金を滞納するとどのような報復を受けることになるのかまとめてみました。 実際にどのような報復があるのか? 闇金は滞納してしまった債務者にどのような嫌…
昼でも夜でも時間帯を気にすること無く、被害者が対応するまで迷惑電話を掛け続けてくる闇金業者。 普通、1日に数十件の電話が来るだけでも嫌になりますが、悪質な闇金業者になると1日に数百件の迷惑電話を掛けてくる事もあるんです。 これだけ執拗に電話を掛けてくる相手に対して着信拒否をしたくもなりますが、どんな仕返しをされるかわからないため、とても不安な気持ちになりますよね。 そこで今…
「ブラックでも可能」「審査無し」など、甘い言葉を巧みに使い被害者を騙そうとする闇金業者。 闇金業者は、一般的な消費者金融では審査が通らない方を相手にしているため、無審査及び在籍確認無しなどを謳い文句に、多くの人を対象としています。 しかしその一方、闇金業者を利用した事がある方の中には、在籍確認は無かったはずなのに全く聞いたこともない人から会社に確認の連絡が来たという方も…。 …
駅前で「クレジットカード現金化」という立て看板を持ち勧誘をしている貸金業者はキャッシュバック金融の可能性があります。 このキャッシュバック金融は、違法ではないという考え方がある一方、逮捕者も出ており、現状ではグレーゾーンだと言われています。 そこで今回はこのキャッシュバック金融についてまとめてみました。 キャッシュバック金融とは? キャッシュバック金融とは、クレジット…

地域別