【一部改正】ヤミ金融対策法の内容とは

【一部改正】ヤミ金融対策法の内容とは/用語集

貸金業の規制等に関する法律、貸金業規制法。

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律、出資法。

これまで貸金業についてこれらの規定が適応されていましたが、深刻化する闇金問題を対処するために、第156回国会(平成15年)においてヤミ金対策法(貸金業規制法及び出資法の一部改正法)が成立されました。

このヤミ金対策法によって闇金のような悪質な業者の排除を徹底するようになりましたが、一体このヤミ金対策法とはどのようなものなのでしょうか?

今回は、このヤミ金対策法の概要についてまとめてみました。

改正された点は?

このヤミ金対策法によって改正された内容はどのようなものなのか見て行きましょう。

貸金業登録制度の強化

従来では、過去3年以内に行政処分を受けていたり、犯罪歴がなく、約43,000円の申請手数料が用意できれば簡単に貸金業の登録をすることができました。

そこで、貸金業登録の審査において、申請者等の本人確認を義務化、人的要件(暴力団員などの排除)の強化、財産的要件の追加、各営業所又は事務所に貸金業務取扱主任者を置くことを義務付けるなどさらに厳格な登録審査を行うことになりました。

罰則の引上げ

高金利貸付け、無登録営業に関する罰則が引き上げられ、高金利を要求する行為自体が罰則の対象となりました。

高金利違反…5年以下の懲役、1,000万円(法人の場合3,000万円)以下の罰金

無登録営業…5年以下の懲役、1,000万円(法人の場合1億円)以下の罰金

違法な広告や勧誘行為の規制

無登録業者の広告や勧誘行為に対して100万円以下の罰金が科せられます。

違法な取立行為の規制強化

正当な理由のない夜間の取立てや勤務先など自宅以外への電話や訪問、第三者へ返済の要求をするなどおこなってはならない取立行為について、法律で明確にされるとともに、罰則が引き上げられました。

2年以下の懲役、300万円以下の罰金

法外な利息での貸付契約の無効化

登録業者、無登録業者問わず、年109.5%を超える利息で貸付契約をおこなった場合は、契約は無効になり、利息を支払う必要は一切ありません。

これまでの規定に比べると罰則がさらに厳しくなっています。

今後はどうなるの?

現在、闇金の被害者数、被害金額など減少傾向にありますが、まだまだ闇金業者は存在しています。

これらの闇金を撲滅するためにも、このヤミ金対策法もこれからまた改正される可能性もあるでしょう。

罰則の強化まとめ

  • 貸金業登録時に虚偽の届け出をした場合、100万円以下の罰金。
  • 貸金業務取扱主任者の選任義務違反、氏名の開示請求に対する違反は、100万円以下の罰金。
  • 取り立て禁止事項に反した場合、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。
  • 証明書の携帯義務に違反すれば、100万円以下の罰金。
  • 貸金業者や委託を受けた債権回収業者等が債務者や保証人に対して支払い催告書などを送る際、貸金業者の商号や住所、電話番号などを記載しなかった場合、100万円以下の罰金。
  • 貸金業規制法上の契約内容を明らかにする書面交付の義務違反や受取証書の不交付、白紙委任状取得制限違反をした場合、1年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。
  • 暴力団員等を業務に従事させたり、暴力団員等に債権譲渡したりすれば、1年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。
  • 無登録業者が貸金業を営む旨の表示をするなどして広告や勧誘を行った場合、100万円以下の罰金。
  • 貸付けの利率などの表示・説明をしなかったり、貸金業者登録にあるもの以外の電話番号や連絡先を伝えた場合、100万円以下の罰金。
  • あからさまな誇大広告や虚偽広告をした場合、1年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。
  • 個人の闇金融業者などが無登録で貸金業を行った場合、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金。
  • 貸金業以外の法人業者が貸金業の登録をせずに貸金業行為をした場合、1億円以下の罰金。
  • 出資法違反の高金利に対する罰則は、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金。違反者が法人の場合は3000万円以下の罰金。高金利を要求しただけで罰則の対象となります。
カテゴリー 用語集
作成日時 2017-08-07 12:55:20
更新日時 2017-08-13 14:56:44
闇金業はもちろんのこと、消費者金融や銀行など貸金業者の主な収入源となっている利子や利息。 実はこの利子と利息、基本的に意味の違いはないため、多くの場合どちらの表現に置き換えても問題はないとされています。 ですが、厳密に言うとわずかではありますが小さな意味の違いがあり、その違いを利用して詐欺をはたらく闇金業者も存在するんです。 そこで今回は、同じようで実は違う利子と利息の違い…
借金がしたくてもどこからも借りれない…。 そんな状況にある中、電柱の貼り紙にまるで自分に手を差し伸べているかのような甘い言葉が書いてあった場合、ここで借りてもいいかなという気持ちにならなくもないでしょう。 ですが、そのような甘い言葉を投げかけるのは悪質金融業者なので、利用してしまえば、痛い目にあうかもしれません。 そこで今回はそんな誘い文句にひっかからないためにも、悪質金融…
支払いが滞納しがちになったり、返済期限が少しでも過ぎてしまった時、容赦の無い取り立てを行なってくる闇金業者。 しかし、このように悪質な取り立てからあなたを守ってくれる「取立行為の規制」という法律が存在するんです。ですが、あまり聞き慣れない為か、その詳しい内容がどのようになっているかわからない、という方も多く存在します。 そこで今回は、貸金業法で定められた取立行為の規制についてまと…
刑事事件と同じように、借金にも時効というものが存在します。 つまり、借金をしても一定期間返済をしなければ時効になり支払い義務がなくなるのです。 ではそんな借金の時効を成立させるにはどのような条件が必要になるのでしょうか? 今回はこの借金の時効「消滅時効」の援用についてまとめてみました。 消滅時効とは? 消滅時効とは、一定期間行使されない場合、権利を消滅させる制度…
闇金や消費者金融に対して、過払い金の返還を求める事ができる不当利得返還請求権。 2006年以前に消費者金融等から借入をしていた方に対し、現在の法定利息の差額分を返還できるということでテレビCMなどでご覧になった方も多くいるのではないでしょうか? このような過払い金に対し、返還請求ができる不当利得返還請求権なんですが、内容が難しくてよくわからないと思っている方も居るかと思います。 …
銀行からの借り入れや奨学金の申請時など、金銭契約を結ぶ時に必ずと言って良いほど必要になる保証人。 この保証人と似た言葉で、連帯保証人と呼ばれるものも存在します。 これは、どちらも借入者が契約通りに支払いや返済を行わなかった場合に、債務が生じる人の事を指すんですが…、保証人と連帯保証人の違いをいまいち理解していない方も多く存在するのではないでしょうか? そこで今回は、保証人と…
一度借りてしまったが最後、完済しない限りどこまでも取り立てが来るイメージが強い闇金。 大抵の場合、債務者は闇金の取り立てに合い必要以上のお金を搾取されることがほとんどとなっていますが、実は闇金側の思い通りにいかないため融資する側にとっては天敵と呼べる「借りパク師」と呼ばれる人が存在するんです。 その名前から、どんな人達なのか容易に想像できると思いますが、あまり聞き慣れない名前のた…
債務が遅れると発生する遅延損害金。 遅延利息や延滞利息とも呼ばれるこの遅延損害金ですが、一体どのようにして決められているのでしょうか? そこで今回は、遅延損害金の規定についてまとめてみました。 遅延損害金とは 遅延損害金とは、決められた支払日までに返済をしなかった場合に発生する損害賠償金のことです。 金銭貸借契約を結ぶ際の契約項目には必ず返済期日が定められていま…
無登録で高い金利、違法な取り立て・嫌がらせといった法律など一切無しの貸金業闇金。 そんな闇金は顧客をつけるため、ダイレクトメールなどを利用して勧誘をおこないます。 その際、個人情報などの情報は一体どこで入手しているのでしょうか? 実は闇金に情報を売買・提供する名簿屋という業者が存在します。 そこで今回は、この名簿屋についてまとめていきます。 名簿屋とは? …
闇金が使う出し子とは 闇金業者が逮捕された際に「出し子」という言葉をよく聞くことがあるかと思います。 しかし、その出し子の意味を知っていますか? 闇金業者は、直接現金の受け渡しをすることは少なく、銀行口座を使い金銭取引を行う事がほとんどです。 そのため、利用者が振り込んだ現金を引き出す際は銀行へ行かなければなりません。 しかし、闇金業者を運営している従業員がAT…

地域別