闇金業者が使う飛ばしの意味とは

闇金業者が使う飛ばしの意味とは/用語集

その利便性から誰もが利用している反面、闇金業者の犯罪の温床として使われている携帯電話。

様々な種類が存在する闇金業者ですが、そのほとんどが携帯電話を使って勧誘をし、債務者とコンタクトを取っているんです。

これだけ携帯電話を使っていると、毎月の請求額も相当な金額になりそうなものですが…、闇金業者は「飛ばし」と言われる手口を使い自分達には携帯電話の請求が来ないようにしているんです。

そこで今回は、闇金業者が使う飛ばしの意味や仕組みについてまとめてみました。

闇金で聞く飛ばしの意味って?

飛ばしとは、俗に言う「飛ばし携帯」の事を指します。

そして、この飛ばし携帯とは、いくら利用しても料金が利用者に請求されずに他人が負わせられる仕組みの携帯電話の事を言います。

これは、闇金業者が警察からの追跡を逃れたり、自身の所在を不明にする事を目的としていて、支払いが滞っている債務者に契約させる手口が最も多くなっています。

また、最近ではホームレスや路上生活者もターゲットとされるようになってきており、即金で数万円の報酬を渡す代わりに複数台の携帯電話を契約させるという手口も明らかになってきています。

この携帯電話の他人への譲渡は、携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律(携帯電話不正利用防止法)に違反する事となり、同法第7条に以下のように記載されています。

携帯電話不正利用防止法第七条

第七条 契約者は、自己が契約者となっている役務提供契約に係る通話可能端末設備等を他人に譲渡しようとする場合には、親族又は生計を同じくしている者に対し譲渡する場合を除き、あらかじめ携帯音声通信事業者の承諾を得なければならない。

2 携帯音声通信事業者は、譲受人等につき譲渡時本人確認を行った後又は前条第一項の規定により媒介業者等が譲渡時本人確認を行った後でなければ、前項に規定する承諾をしてはならない。

とされており、つまり自身が契約した携帯電話を携帯電話会社の許可を得ずに、親族もしくは配偶者等以外に譲渡した場合、法律違反になりますよという事なんです。

この場合、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金又はこれを併科するとされており、どちらの罰則も科せられる可能性がある重大な犯罪行為となります。

どのような状況下にあったとしても、携帯電話を契約し他人に譲渡する旨の話しがあった場合は絶対に誘いに乗らないようにしましょう。

携帯電話を契約させられる時の事例って?

では、実際にどんな状況下で携帯電話の契約をさせられるのか事例を基に確認していきましょう。

被害の事例1

状況

お金に困り、消費者金融に融資審査を申し込んだが、ブラックリスト掲載者のため審査に落ちてしまった。

しかし、担当者から携帯電話を契約し、携帯の本体を送ってくれれば数万円んで買い取るという条件を提示された。

対応

契約者は、以前に消費者金融等から融資を受けていたため、その経験からすぐに闇金業者であることに気が付き断りの意志を示した。

だが、闇金業者側も諦めなかったため最終的に「契約しに行って、契約できなかったら諦めるのでも構わない。」との話で合意し、実際には契約できなかったと嘘をつきその場を凌いだ。

被害の事例2

状況

良い条件のアルバイトがあると話しを持ちかけられ、その内容は携帯電話を4台新規契約し、それを売ってもらえれば10万円を渡すと言われた。だが実際には5万円しか渡されず闇金業者からはなんの対応もない。

対応

これは典型的な手口ですが、契約者は10万円欲しさに携帯電話の譲渡をしてしまったそうです。

ですが、手元に来たのは5万円で闇金業者と連絡は取れるものの何の対応も無いままとの事です。

事例2のような状況になってしまったら最後、すぐに闇金業者との連絡は取れなくなってしまい、携帯電話の利用料金だけが請求されるようになります。

万が一、この様な状況になった場合はすぐに警察に連絡をするか弁護士に相談することをオススメします。

カテゴリー 用語集
作成日時 2017-08-08 16:38:07
更新日時 2017-08-13 14:56:44
銀行からの借り入れや奨学金の申請時など、金銭契約を結ぶ時に必ずと言って良いほど必要になる保証人。 この保証人と似た言葉で、連帯保証人と呼ばれるものも存在します。 これは、どちらも借入者が契約通りに支払いや返済を行わなかった場合に、債務が生じる人の事を指すんですが…、保証人と連帯保証人の違いをいまいち理解していない方も多く存在するのではないでしょうか? そこで今回は、保証人と…
闇金の被害に合った時や何かしらの問題が起きた時、弁護士や司法書士の存在は非常に心強いですよね。 そんな、様々な問題を解決してくれるイメージのある弁護士や司法書士ですが、この二つの職業の明確な違いって何なの?と思っている方は多くいるのではないでしょうか? たしかに、闇金に関する問題一つを取り上げてみても、インターネット上では弁護士と司法書士どちらにも相談する事が可能となっているので…
不特定多数の人に対して、数万円から数十万円の貸し付けをおこなう闇金業者。 その人数も、多い時には数百人から数千人に対して貸し付けをする事があるらしいのですが、闇金業者は一体どこからその資金を調達しているんでしょうか? そこには、金主と呼ばれる大元が存在しているのですが…金主って何?と思っている方は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、闇金業者の大元である金主についてまと…
年々、被害者数が減ってきてはいるものの、闇金業者の巧妙な手口により未だ後を絶たない闇金利用者。 様々な情報サイトを見ていると、闇金業者がターゲットとする人物には一定の特徴などがあり、そこに付け入って闇金の手に染めさせるという情報を目にします。 それを逆手に取り、闇金業者の手口や勧誘に引っかかってしまいそうな利用者の特徴を把握しておけば、闇金に手を染める確率も低くなってきますよね。…
貸金業でよく使われる「高利貸し」という言葉。 高利貸しという呼び名はよく耳にしますが、高利貸しとはどのような貸金業者の事をいうのでしょうか? 闇金業者とは違うのでしょうか? そこで今回は、高利貸しの実態についてまとめてみました。 高利貸しとは 高利貸しとは、名前の通り、高い利息で貸付をおこなう貸金業者の事を言います。特徴としては、比較的小口の債務者が多く、審査が…
そもそも闇金とは 闇金というのは、違法でお金を貸し付けている業者のことで、最近ではドラマでも取り上げられることがあるため、知っている方も多くなってきました。 その闇金の特徴としては、 法外な金利 悪質な取り立て ブラックリストに載っている方でも大丈夫 などが挙げられます。 闇金とは、その意味など そもそもサラ金とは サ…
法律に順守すること無く、債務者から暴利な金利を搾取し続ける闇金業者。 闇金は、国から許可を貰っていないにも関わらず貸金業を営んでいるという特徴がありますが、その中でも登録型の闇金と、無登録型の闇金の二つに分けることが出来るんです。 ですが、この二つの違いがよくわからないという方も多く存在するのではないでしょうか? そこで今回は、登録型闇金と無登録型闇金の違いについてまとめて…
近年ニュースなどで話題となっているマイクロファイナンス。 貧困者向けの融資というのはなんとなく分かりますが、具体的にはどのようなサービスになのでしょうか? そこで今回はマイクロファイナンスの詳しい概要や批判、問題点について簡潔にまとめてみました。 マイクロファイナンスとは? さて、マクロファイナンスとは、その名の通り、小口金融(マイクロファイナンス)の総称になります。…
闇金業界で使われる専門用語「パンク」。 よく「タイヤがパンクした」「回線がパンクした」などといった使い方は聞きますが、闇金のような貸金業界でいうパンクとはどのような意味があるのでしょうか? そこで今回は、この「パンク」についてまとめてみました。 パンクとは? 闇金用語の「パンク」とは、お金が尽きるという意味で、債務者の返済能力がない場合に使われます。 債務者がこ…
一般的に、借金をする時は利息制限法という法律が適用されます。 この利息制限法という法律では、上限金利を元金10万円を超えない場合、年20%、10~100万円未満で年18%、100万円以上で15%と定められています。 しかし、闇金業者はこの利息制限法など一切無視して高額な利息で貸付をします。 そんな法外に高い利息とはどのくらいのものなのでしょうか。 闇金の高額な利息 …

地域別