貧困者向けの融資・マイクロファイナンスとは、日本でも

貧困者向けの融資・マイクロファイナンスとは、日本でも/用語集

近年ニュースなどで話題となっているマイクロファイナンス。

貧困者向けの融資というのはなんとなく分かりますが、具体的にはどのようなサービスになのでしょうか?

そこで今回はマイクロファイナンスの詳しい概要や批判、問題点について簡潔にまとめてみました。

マイクロファイナンスとは?

さて、マクロファイナンスとは、その名の通り、小口金融(マイクロファイナンス)の総称になります。

途上国の貧困層も金融サービスへのアクセスが容易になるように考えられていますので、日本ではおこなわれていません。

このマイクロファイナンスには、マイクロクレジット(小口融資)のほか、マイクロインシュアランス(小口保険)など様々なサービスがあります。

他の金融と比較すると、貧困緩和と事業収益の両方を追求しているという事がマイクロファイナンスの特徴としてあげられます。

一般の銀行では、担保や信頼のある富裕層にのみ貸付をおこなっており、貧しい人々は、自分の仕事に必要な少額のお金を得るために、法外な金利にもかかわらず違法な高利貸しを頼ることしかできない状況にあります。

そこで、マイクロファイナンスは貧しい人々に融資することで、自立をサポートし、貧困の削減という社会的課題の解決に貢献できるとしています。

例えば、バングラデシュにある銀行であるマイクロファイナンス機関のグラミン銀行では、銀行員が毎週集会を開き、お金の使い道や返済の計画について個別にアドバイスをおこなっています。

このような取り組みによって、貧しい人々は、具体的な方法を学習し、貸付てもらたお金を元に、事業を営むことができるという仕組みになっています。

こうして自らの手で生活の水準を上げていくことで返済が可能になり、貧しい人々も信頼できるものとなっているようです。

ちなみに、グラミン銀行の返済率は、98%にも達しています。

「融資→返済→融資→返済…」というサイクルを通じて、事業の持続可能性という経済的課題をクリアしていることも、もう1つの特徴であるといえるでしょう。

また、日本に比べれば利率が高めですが、融資対象者の信用調査や回収をおこなうためには直接訪問する必要があるなどコストがかかってきます。

そのため、貧困の削減とともに事業の持続には高めの利率水準が必要不可欠になるようです。

マイクロファイナンスの問題点

さて、このように貧困の解決のために誕生したマイクロファイナンスですが、批判や問題点も囁かれてます。

新規参入者が増加し、本来の目的とは方向性が大きく変わってきており、マイクロファイナンスは膨大な利益をあげる事業へとなり、それを批判する人が出てきているようです。

また、多くの業者がマイクロファイナンスに参入したものの、中には実態が高利貸しと変わりのない悪質な業者も存在しているようです。

このような悪質な業者は、マイクロファイナンスという名だけを利用し、借り手の返済能力を調査することなく高金利で融資し、返済が滞ると過酷な取り立てをおこなうなど日本で言う闇金融と変わらないようです。

悪質な業者に引っかかった債務者は返済のため次々と別の業者から借金をし、結果的に多重債務者となってしまうようです。

このような悪質な業者が多く、マイクロファイナンス事業が活発なインドの貧困州の一つ、アーンドラ・プラデーシュ州では、以下のような課題点を指摘しているようです。

金融機関に対し信用調査と顧客ケアを行わせるために、効果的なインセンティブの付与とスタッフ全員に対する訓練の必要性がある。情報の共有や信用審査の適切なコントロール、金利や融資条件の透明性増大、顧客に対し十分な情報を提供し、融資制度を理解してもらう必要性。また返済のための手段を明確化し、そのための適切な規制の必要性も出てくる。

貧困者のためのマイクロファイナンスですが、それを逆手にとった悪徳業者も多く、まだまだ問題が多いようです。

カテゴリー 用語集
作成日時 2017-08-08 22:39:02
更新日時 2017-08-13 14:56:17
貸金業登録番号や店名を偽装するなど、消費者を勧誘するためなら手段を問わない闇金業者。 そんな闇金業者の中でも、最近は信用を得るために有りもしない架空団体を作り上げ、そこに加入することであたかも健全な貸金業者であるかのように装う悪質な業者が存在するんです。 そのため、闇金の手口に騙される消費者が後を絶たず、問題になっているんです。 そこで今回は、実際には存在しない金融協会や支…
一度借りてしまったが最後、完済しない限りどこまでも取り立てが来るイメージが強い闇金。 大抵の場合、債務者は闇金の取り立てに合い必要以上のお金を搾取されることがほとんどとなっていますが、実は闇金側の思い通りにいかないため融資する側にとっては天敵と呼べる「借りパク師」と呼ばれる人が存在するんです。 その名前から、どんな人達なのか容易に想像できると思いますが、あまり聞き慣れない名前のた…
多重債務者は年々減少傾向にあるものの、未だ国内で10人に1人は抱えている借金。 借金は、一度作ってしまうと何度も繰り返すという特徴があり、これにより多くの人が苦しんでいます。 そんな方の為に、貸付自粛制度と呼ばれる仕組みがあるんですが、貸付自粛制度の概要及びメリットやデメリットについてはあまり知られていないのが現状…。 そこで今回は、貸付自粛制度のメリットやデメリットについ…
信用情報に傷が付いたら銀行や消費者金融などのローンや借入ができなくなります。 この信用情報に傷がつくことをブラックリストに載るとよく言われますが、闇金業界でもブラックリストというものが存在し、様々な隠語があります。 このブラックリストの対象となると闇金業者も貸付をおこないません。 ではそのブラックリストの対象になるのはどのような人たちなのでしょうか? そこで今回は、ブ…
利用者から高額な金利を搾取する闇金業者。その闇金業者から、お金を騙し取る借りパク師。 この借りパク師が、闇金からお金を融資してもらう際に職業を偽る事がほとんどとなっているんですが、会社に在籍確認をされてしまってはすぐにバレてしまいますよね。 そこで借りパク師がよく使う在籍屋(アリバイ会社)と呼ばれる便利な仕組みがあるんですが… 一体どんな内容になっているんでしょうか? …
どこからともなく債務者の情報を入手し、高い利子を付けて貸し付けをおこなう闇金業者。 過去に闇金を利用した事があるわけでもないのに、なぜかダイレクトメールや電話が来るなんて方もいるんではないでしょうか? 実は、闇金業者は官報と呼ばれるものを頼りに債務者の情報を入手している可能性があるんです。 ですが、あまり聞きなれないため官報っていったい何なの?と思っている方も多いですよね。…
闇金融の意味や定義 闇金融とは、ヤミ金融、ヤミ金、闇金などとも書かれ、国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者のことを言います。 また、貸金業の登録をしていながら出資法に違反する業者、高金利を取る業者なども、闇金融と言います。 また、こういった闇金業者から融資を受けることを闇金融資と言います。 一般的に、貸金業を営む場合は、国や都道府県に貸金業としての登…
無登録で高い金利、違法な取り立て・嫌がらせといった法律など一切無しの貸金業闇金。 そんな闇金は顧客をつけるため、ダイレクトメールなどを利用して勧誘をおこないます。 その際、個人情報などの情報は一体どこで入手しているのでしょうか? 実は闇金に情報を売買・提供する名簿屋という業者が存在します。 そこで今回は、この名簿屋についてまとめていきます。 名簿屋とは? …
闇金や消費者金融に対して、過払い金の返還を求める事ができる不当利得返還請求権。 2006年以前に消費者金融等から借入をしていた方に対し、現在の法定利息の差額分を返還できるということでテレビCMなどでご覧になった方も多くいるのではないでしょうか? このような過払い金に対し、返還請求ができる不当利得返還請求権なんですが、内容が難しくてよくわからないと思っている方も居るかと思います。 …
一般的に、借金をする時は利息制限法という法律が適用されます。 この利息制限法という法律では、上限金利を元金10万円を超えない場合、年20%、10~100万円未満で年18%、100万円以上で15%と定められています。 しかし、闇金業者はこの利息制限法など一切無視して高額な利息で貸付をします。 そんな法外に高い利息とはどのくらいのものなのでしょうか。 闇金の高額な利息 …

地域別