浪費癖を治すための7つの方法

浪費癖を治すための7つの方法/相談・QA

「いつの間にかお金がない…」

浪費癖のある人は、いつどんな時にお金を使用したか気づいていなかったり、覚えてないという事がほとんどです。

浪費癖はあまりにも度が過ぎていると病気の可能性もあるようです。

浪費癖のある人の特徴

以下の方法を実践して、浪費癖を治し、借金やローンを解決しましょう。

浪費癖を治す方法とは?

財布の中身を常に把握する

「5千円札が入っていると思っていたのに実は千円札だった」という人は無意識のうちに浪費している可能性が高いです。

浪費を抑えるというよりも自分が浸かったお金を正しく把握するように意識すれば、自然と浪費を抑える事ができるでしょう。

お金の流れを見直す

お金を使用するたびに小さなノートに書きとめておく、レシートを取っておいて後で見直すということをするようにしましょう。

家計簿まではつけなくても、「どんなものにお金を使用したのか?」「これはあまり必要なかったかも…」などと、お金の流れを知ることができ、無駄遣いを排除することができます。

生活スタイルを見直す

だらしなさと浪費癖は近いものがあります。

「お金に対してだらしないと浪費家になる…」なんて言われることも。

生活スタイルを変えることで浪費癖が直る場合もありますので、浪費癖を直す為の準備として生活スタイルを見直しましょう。

カードを持ち歩かない

キャッシュカードを持ち歩いていると欲しいものをいくらでも買うことができ、言い訳をすることもできます。

浪費癖を本当に治したいというのならば、基本的にカードは持ち歩かない事をおすすめします。

クレジットカードを解約する

クレジットカードはお金がなくても上限金額までならどんどん使用する事ができるため、浪費癖がある人はいくらでも使ってしまいますのはデメリット以外何もありません。

浪費癖を治すにはこのクレジットカードを解約して排除するか、預金額から引き落とされるデビットカードに変えるのがよいでしょう。

ポイントカードを捨てる

細々とお金を使ってしまう人は、ポイントカードを沢山持っている傾向があります。

ポイントカードはお店側の売上を伸ばす戦略のツールです。

そのため「せっかくポイントが2倍だから」「あと200円でもう1ポイントつくから」というのはまんまと手玉に取られているのです。

ポイントがたまらないことよりも、必要のないものを購入する方が損なのだと、意識を変えるためにもポイントカードは捨てましょう。

本当に欲しいのか考える

気になる物を見つけてしまった時、興味が湧き、欲しくなります。

ですが、その欲は一旦押さえ、それが本当に必要な物なのか良く考えてみましょう。

良く考え、それでも欲しいと思ったら一週間後に買うことにします。

その一週間の間に、欲しい物から必要な物に考えが変わったら購入するようにしましょう。

いかがだったでしょうか?

基本的に浪費する人はお金に対して「ケチケチするのはみっともない」「あっても無くても同じ」などといったネガティブなイメージを持っています。

こういった意識を改善し、お金に対するイメージをポジティブに塗り替える必要があります。

意識を変えるのは難しいので、荒療治のような内容にはなりますが、これらの方法で浪費癖を治すことができるのです。

借金やローンがある場合は、早めに解決し、貯金をはじめてみるというのもよいかもしれませんね。

カテゴリー 相談・QA
作成日時 2017-08-08 21:18:52
更新日時 2017-08-13 14:56:44
「ずっと使っていない銀行口座がある」「古い通帳がでてきた」 なんてことは結構ある話なんですが、何年も使用していない銀行口座は休眠扱いになってしまっている可能性があります。 この休眠扱いになるとどのような事がおこるのでしょうか? そこで今回は、放置し、休眠扱いになっている銀行口座の解約方法についてまとめてみました。 銀行口座を放置するとどうなるの? さて、…
闇金から借りた借金を滞納すると、恐喝や、脅迫だけでなく、嫌がらせなどをされるというのはよく聞く話ですが、借金を返済できる能力がないと判断した場合は、それなりの対応をされることになります。 はじめは、お金を作る方法や職業を提案されることになりますが、膨大な額になってくると強制的に何かを強いられることになります。 そんな強制的に強いられることとはどのようなことなのでしょうか。 …
法律が厳しくなる一方、犯罪を犯す人はより一層巧妙な手口や手法をおこなうようになってきました。 数年前に流行した振り込め詐欺の手口も最近では特殊なものになってきており、警察も摘発が困難になってきているようです。 そんな振り込め詐欺の検挙のために警視庁ではだまされたふり作戦という措置を取り、被害者にも協力を仰いでいます。 振り込め詐欺に用いられていたこのだまされたふり作戦ですが…
闇金から融資されるまでの流れ 一般的な闇金が融資するまでの流れをまとめてみたので、参考にしてみて下さい。 途中で少しでも怪しいと感じた場合には、利用するのをやめましょう。 1.申し込み これは闇金に限ったことではありませんが、まず、申込みが必要となります。 申込書を提出する場合もありますが、基本的には、メールや電話で行うことが多いです。 聞かれる内…
一度借りてしまうと、執拗な取り立てを受けることになる、などのイメージが強い闇金。 実際、闇金業者は支払期限が遅れると執拗なまでに嫌がらせや取り立てをおこなってくる闇金業者は数多く存在します。 ただ、聞くのはいつも噂話だけで実際に体験した人の話を聞いたことが無いという方にとっては、いまいち信じられないですよね。 そこで今回は、闇金業者から借入をした人の体験談をまとめてみました…
世界の共通項目として、法律に違反した者には罰則が科せられるというのは当たり前のことですよね。 闇金業者においても、もちろん法律に違反するため闇金業と認められた場合はすぐに摘発されますし、闇金業に手を染めないためにも罪名や懲役期間などを覚えておいて損はないはずなんですが…。 一般的には、闇金業者が逮捕されたという報道だけを見て、それ以降の罪名などに関しては覚えていない方は非常に多い…
借入状況や契約状況など、個人の信用情報に傷がつく事で登録されるブラックリスト。 このブラックリストという言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるんではないでしょうか?ですが、一度このブラックリストに登録されてしまうと、どれ程の期間登録され続けるのか?というところまで把握していない方も多く、登録期間が気になるという声がよく聞かれます。 そこで今回は、信用情報(ブラックリスト)の掲載期…
闇金で借金をしてしまったら最後…。 闇金から借り入れると恐喝や脅迫、嫌がらせなどの被害を受けることになると言われていますが、それが解決できないわけではありません。 警察や弁護士、もしくは自分で解決することができます。 ですが、その場合どれくらいの期間で解決することが可能なのでしょうか? そこで今回は、闇金被害を解決するまでの日数について、警察に依頼する場合、弁護士に依…
お金を無駄に使うクセ「浪費癖」。 ついつい使ってしまったと気づく分にはまだ良いですが、それに気づかず、何も考えずにただただお金を使っている人も結構いるようです。 収入が多くても、浪費癖が酷く、借金をしてしまう人も中には沢山います。 そんな無駄な出費を気にしない浪費癖とはどのような心理があってそのような状況に陥っているのでしょうか・ そこで今回は、浪費癖のある人の特徴を…
闇金の悪質な嫌がらせにもう耐えられない・早く日常に戻りたいというあなた。 少しでも支払いが遅れたり、都合の悪い事が起こると嫌がらせを受ける事になるというのは誰もが想像することでしょう。 ですが、実際の闇金による嫌がらせは一体どのような内容でどれくらいの期間続くことになるのでしょうか? そこで今回は、闇金の嫌がらせの内容や期間についてまとめてみました。 嫌がらせの内容は…

地域別