闇金、最大61倍の高金利 他人名義…闇金ニュース

闇金リスト

最大61倍の金利で違法に金を貸し付けていたとして、闇金業者を摘発です。

野口和豊容疑者(36)ら2人は、東京・葛飾区の会社員の男性(61)ら4人に法定金利の最大61倍で金を貸し付け、約130万円の違法な利息を受け取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、野口容疑者らは債務者の名簿をもとに男性らを勧誘し、摘発を逃れるため、他人名義の口座に返済金を振り込ませていました。2013年7月以降、不正に3400万円を得ていたとみられています。警視庁は、名簿や他人名義の口座の入手方法などについて詳しく調べています。

追加日 2016-07-07 19:46:00
更新日 2016-07-16 12:22:38
引用元 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000078632.html
 
<< >>
衣料品売買を装ったヤミ金業を営んだとして、警視庁生活経済課は出資法違反容疑で、さいたま市大宮区桜木町の無職、松田利男容疑者(76)と、中国籍で東京都台東区小島の自営業、王陽容疑者(46)を逮捕した。同課によると、2人とも容疑を認めている。 同課によると、2人は東京・上野の雑居ビル内で、カバンや洋服の販売業と買い取り業を装った店舗をそれぞれ設置。商品の販売名目でカード決済を行った後、買い…
法定の最大109倍の高金利を受け取ったとして、警視庁生活経済課は24日、携帯電話で融資や取り立てをする「090金融」の元経営者、東京都練馬区豊玉北4、森本和憲容疑者(32)ら8人を出資法違反(高金利)や貸金業法違反(無登録)の疑いで逮捕した。 同課によると、同容疑者らは「やまと信販」などの架空の業者名で営業。2006年12月~09年10月にのべ5千人から違法利息約2億7700万円を…
東京都内の貸金業者や元振り込め詐欺グループのメンバーによる出資法違反容疑事件で、奈良県警奈良署などは28日、同法違反(高金利受領)などの疑いで東京都中央区の貸金業、宮崎正也(40)と元従業員の山田和寛(24)=詐欺罪で公判中=の両容疑者を逮捕し、都内の事務所など関係先を捜索した。2人は容疑を認めているという。 逮捕容疑は、2人は「CO-OP」の屋号で無登録の貸金業を営み、昨年12月…
貸金業の登録をせずに違法に金を貸したとして、神奈川県警は、ヤミ金業者の男女5人を逮捕した。 貸金業法違反の疑いで逮捕されたのは、ヤミ金業者「アシストライフ」の新田竜也容疑者(26)、木村雄偉容疑者ら5人。 警察の調べによると、新田容疑者らは貸金業としての登録がないのに、都内に住む男性らに現金33万円を違法に貸し付けた疑いが持たれている。 新田容疑者らは法定金利の225倍で全国の…
多重債務者にダイレクトメールを送って高金利で金を貸し付けたとして、兵庫、鳥取、長崎の3県警は13日午前、東京都中野区のヤミ金融の店長(31)ら都内の6業者について出資法違反容疑(高金利)などで逮捕状を取り、一斉摘発に乗り出した。少なくとも約5000人に総額約6億円を貸していた疑いがあり、6業者が大規模なヤミ金融グループに属してノウハウや債務者情報を共有しているとみて、事件の全容解明を目指…