衣料品販売装いヤミ金経営 容疑の男…闇金ニュース

闇金リスト

衣料品売買を装ったヤミ金業を営んだとして、警視庁生活経済課は出資法違反容疑で、さいたま市大宮区桜木町の無職、松田利男容疑者(76)と、中国籍で東京都台東区小島の自営業、王陽容疑者(46)を逮捕した。同課によると、2人とも容疑を認めている。

同課によると、2人は東京・上野の雑居ビル内で、カバンや洋服の販売業と買い取り業を装った店舗をそれぞれ設置。商品の販売名目でカード決済を行った後、買い取り名目でその場で貸付金を顧客に渡していた。貸付金の回収が確実にできることからカード決済を利用したとみられる。平成18~27年で、約2億1千万円の利益を得ていたとみられる。

逮捕容疑は昨年1~6月、横浜市の建設作業員の男性(60)ら7人に金を貸し、違法な利益計約43万を受け取ったとしている。

追加日 2016-03-03 12:14:00
更新日 2016-07-16 12:22:38
引用元 http://www.sankei.com/affairs/news/160303/afr1603030011-n1.html
<< >>
多重債務者にダイレクトメールを送って高金利で金を貸し付けたとして、兵庫、鳥取、長崎の3県警は13日午前、東京都中野区のヤミ金融の店長(31)ら都内の6業者について出資法違反容疑(高金利)などで逮捕状を取り、一斉摘発に乗り出した。少なくとも約5000人に総額約6億円を貸していた疑いがあり、6業者が大規模なヤミ金融グループに属してノウハウや債務者情報を共有しているとみて、事件の全容解明を目指…
同じ経営者による複数の貸金業者が顧客情報を共有する、所謂「システム金融」で法定利息を超える違法金利で貸し付けたとして、東京都渋谷区の貸金業「タウンサービス」経営林裕次郎容疑者(30)ら男女35人が逮捕された。 警視庁生活経済課によると、2001年11月から今年4月までの間に、傘下業者43店舗で、関東を中心に約1万4千人に貸し付け、違法に受け取った利息は総額約27億円に上るという。 …
自営業者をターゲットにした高金利の“ヤミ金”を営んでいたとして、警視庁生活経済課は29日、出資法違反(高金利)などの疑いで、東京都練馬区石神井台、貸金業「コレクト」経営、小幡義央容疑者(28)と実弟で新宿区西落合、同社従業員、鋳也(しゅうや)容疑者(21)ら男3人を逮捕した。 同課によると、小幡容疑者らは容疑を認め、「平成20年ごろにクラブで知り合った男にヤミ金のやり方を教わった」…
生活保護受給者から法定金利を超える利息を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課は3日、出資法違反(高金利)の疑いで、指定暴力団山口組 落合金町連合「金町一家」系組長、近藤正人容疑者(60)=東京都台東区清川=と住所不定、無職、小林生佶(せいきち)(69)の2容疑者を逮捕した。近藤容疑者は黙秘し、小林容疑者は認めているという。 近藤容疑者らは山谷地区のマージャン店を拠点に口コミで客…
店舗を構えず携帯電話を利用する「090金融」を営業し、全国の多重債務者から法定の約1240倍の高金利を取ったなどとして、警視庁生活経済課は28日、出資法違反容疑などで、東京都内のヤミ金融業者2グループの計20人を逮捕した。090金融の逮捕者数としては過去最多という。 両グループは共通の現金引き出し役を使うなどの協力関係にあり、同課は統括経営者がいる疑いもあるとみて追及。昨年夏ごろか…