中小企業狙いヤミ金か 容疑の男5人を逮捕闇金ニュース

闇金リスト

中小企業経営者らを相手に無登録のまま高金利で金を貸したなどとして、埼玉県警生活環境2課と鴻巣署は12日、貸金業法違反と出資法違反の疑いで、東京都中野区のヤミ金業者を摘発し、男5人を逮捕した。

同日、男らの事務所を家宅捜索したところ、約200人の住所などが載った顧客名簿とみられるものが見つかり、同課は他にも被害がなかったか捜査を進める。

逮捕されたのは、千葉県市川市妙典、戸辺(32)▽さいたま市大宮区吉敷町、銘苅(めかり)(28)▽埼玉県朝霞市西原、国吉(22)▽東京都北区志茂、佐藤(30)▽台東区浅草橋、嘉数(かかず)(28)-55容疑者。戸辺容疑者ら4人は「金を貸したことはない」などと容疑を否認し、嘉数容疑者は「貸金業をやっていた」などと認めている。

生活環境2課の調べでは、5人は貸金業の登録をしないまま、昨年9月から今年5月、介護施設経営者の男性(68)ら3人に対して計146万円を貸し、最大で法定利息の約127倍の利息を受け取った疑いが持たれている。

同課によると、5人はダイレクトメールなどの宣伝で個人経営者を勧誘。中小企業への資金提供などと称し、手形や小切手の買い取りを装って金を貸していた。

追加日 2012-08-01 10:00:00
更新日 2023-07-14 19:17:14
引用元
<< >>
法定金利を超える金利で金を貸したとして、県警生活経済課と川越署は15日、出資法違反(高金利)の疑いで東京都立川市羽衣町1丁目、無職の男(40)ら男5人を再逮捕した。 再逮捕容疑は共謀の上、今年2~5月、県内の男性(58)ら6人に、法定の1日当たり0・3%を超える割合の利息で金銭を貸し付ける契約をした疑い。同課は共犯事件のため5人の認否を明らかにしていない。 同課によると、5人はヤ…
法定の最大100倍の超高金利で金を貸し付けたとして男7人が逮捕された事件で、県警生活経済課などは14日、貸金業法違反(無登録)と出資法違反(超高金利)の疑いで主犯格とみられる埼玉県蕨市南町2、飲食店経営、儀俄容疑者(36)を新たに逮捕した。 県警は、儀俄容疑者らが2008年からの3年間に約5千人に金を貸し付け、総額約5億2千万円を受け取っていたとみており、暴力団関係者への金の流れな…
神奈川県警は25日、ヤミ金融を営んだとして貸金業法違反(無登録営業)の疑いで千葉県茂原市腰当、貸金業経営、藤本容疑者(44)ら埼玉県、千葉県、東京都、横浜市に住む男女計9人を逮捕した。 平成23年から約4年間で中小企業などに計約28億3千万円を貸し付け、約36億3500万円を返済させたとみている。法定金利の最大約122倍で貸し付けており、出資法違反(超高金利)容疑でも調べる。 逮…
フィリピン国籍の女性に限定し、超高金利で金を貸すヤミ金を経営していたとして、神奈川県警生活経済課と保土ケ谷署は9日、貸金業法違反と出資法違反の容疑でヤミ金「グローバルプラン」元経営者、渡辺容疑者(47)=埼玉県所沢市並木=を逮捕した。県警は東京、神奈川、埼玉など関東、東海など10都県以上の約800人に金を貸し、1億2500万円以上の利息を得ていたとみて調べている。 県警によると、渡…
「金貨金融」を営業していた経営者2人を出資法違反(高金利)容疑で逮捕しました。 ヤミ金の新しい手口として近年増えている「金貨金融」の立件は、全国で初めてのことである。 東京都足立区伊興1、貸金業経営、和田容疑者(34)と埼玉県入間市小谷田、貸金業従業員、小塚容疑者(33)を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。 今回問題となった「金貨金融」の手口について簡単に説明…