無登録で貸金業、稲川会系組長ら2人逮捕 闇金ニュース

闇金リスト

無登録で貸金業を営んだとして、警視庁丸の内署は、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都世田谷区三宿、指定暴力団稲川会系組長、木村広宣(39)と神奈川県茅ヶ崎市浜之郷、塗装工、大山喬徳(31)の両容疑者を逮捕した。

同署によると、木村容疑者は「個人的に金を貸しただけ」などと容疑を否認している。

逮捕容疑は平成20年10月~23年5月、無登録で貸金業を営み、福島県郡山市の会社役員の男性(42)ら男女3人に対して法定利息の6~60倍に当たる高金利で計540万円を貸し付たとしている。

木村容疑者らは同様の手口でほかにも3~4人に現金を貸し付けていたといい、同署はヤミ金の収益が暴力団の資金源になっていたとみて調べている。

追加日 2012-01-22 00:00:00
更新日 2016-06-20 11:55:06
引用元
 
<< >>
法定の最大949倍の高金利を受け取ったとして、警視庁生活経済課、岩手県警は9日までに、携帯電話で融資や取り立てをする「090金融」の元経営者、松田脩平容疑者(29)ら12人を出資法違反(高金利)と貸金業法違反(無登録)の疑いで逮捕した。 同課によると、松田容疑者らは多重債務者の名簿をもとに携帯電話のショートメールで勧誘。今年1~3月、745人から違法利息約5700万円を受け取ってい…
警視庁生活経済課と岩手県警の合同捜査本部は、無許可で高金利の「ヤミ金」を営んだとして出資法違反(高金利)と貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、千葉県柏市常盤台の元貸金業の男ら12人を逮捕した。 逮捕容疑は無登録で貸金業を営み、福島県郡山市に住む会社経営の女性(45)ら7人に、計約116万円を法定金利の約40~950倍で貸し付け、利息計約145万円を受け取った。最大で法定金利(年利2…