4年間で1億8000万円…ヤミ金業…闇金ニュース

闇金リスト

多重債務者や自己破産者に金を貸し、法定の100倍以上の利息を受け取ったとして、警視庁大森署は出資法違反などの疑いで、渋谷区神泉町の貸金業者「マイベスト」経営、吉永容疑者(41)=武蔵野市吉祥寺南町=を逮捕した。平成16年から4年間で、回収した貸付金を含めて約1億8000万円を受け取ったとみられる。

調べでは、吉永容疑者は都知事の登録を受けずに貸金業を経営し、高知県の女性(36)ら男女3人に19万円を貸し、法定利息を約330万円超える利息を受け取るなどした疑い。

吉永容疑者は多重債務者や自己破産者の名簿を買い、電話やダイレクトメールで勧誘。約786人の客から、法定の約44-123倍の高利で金を貸していた。

追加日 2008-11-27 22:29:00
更新日 2023-07-14 19:26:01
引用元
<< >>
給料を受け取る権利を客から買い取り、現金を貸し付ける「給料ファクタリング」を無登録で営んだうえ、法外な利息を得たとして、警視庁は、給料ファクタリング大手「ZERUTA(ゼルタ)」(東京都新宿区)の社長、足立容疑者(34)=東京都新宿区四谷4丁目=ら男女7人を貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の容疑で逮捕し、14日発表した。同庁によると、給料ファクタリングを手がける業者の摘発は…
コロナ禍で資金繰りに困った中小企業に違法な高金利で貸し付けをしたとして、警視庁は3日夕までに、東京都や群馬県の男ら7人を出資法違反(高金利)容疑で逮捕した。中小企業の名簿を元にファクスや電話で融資を持ちかけていたという。警視庁は少なくとも7月までの約半年間に、全国の約70人の経営者らに金を貸し、約6千万円の違法な利息を受け取ったとみている。捜査関係者への取材でわかった。 逮捕された男ら…
法定利息を大幅に上回る高金利で貸し付けをしたなどとして、警視庁生活経済課は3日、出資法違反(高金利)と貸金業法違反 (無登録営業)の疑いで、いずれも韓国籍で貸金業経営の安煕甲(34)=東京都練馬区石神井町=と、従業員の尹祥寿(33)= 葛飾区西亀有=の両容疑者を逮捕した。両容疑者は「長く闇金業をやっているので、これでしか飯が食えない」と容疑を認めている。 調べでは、両容疑者は都知…
貸金業者を装って現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は、詐欺容疑で、住居不詳、無職、斉藤容疑者(26)ら男11人を逮捕し、東京都千代田区のアジトを摘発した。同課によると、大半の容疑者が否認している。 斉藤容疑者らは、インターネットに「即日融資」などとうたった広告を出し、電話をしてきた相手に、「返済能力を見極めるために手数料を振り込んでほしい」「まだ振り込まれてない。もう一度振り込ん…
インターネットバンキングを使って無登録の貸金業を営み、法定金利の約370倍でカネを貸し付けたとして、警視庁生活経済課は貸金業法違反(無登録)や出資法違反(高金利)などの容疑で、江戸川区東小岩の無職、河野容疑者(31)ら男6人を逮捕した。同課によると、河野容疑者ら5人は容疑を認め、1人は否認している。 同課は延べ449人にネットバンクを使ってカネを貸し付け、約1億3千万円の利息を得ていた…