男4人を出資法違反(超高金利)の容…闇金ニュース

闇金リスト

秋田県警生活環境課と警視庁は8日、東京都西東京市下保谷、建築業仲鉄比古容疑者(34)ら男4人を出資法違反(超高金利)の容疑で逮捕したと発表した。

発表によると、ほかに逮捕されたのは、東京都練馬区、無職青田正美(48)、さいたま市中央区、無職山本剛(37)、同市浦和区、無職福島大介(32)の3容疑者。

4人は昨年11月~今年4月、秋田県大仙市の男性(46)と、島根県出雲市、愛知県高浜市のいずれも40歳代男性2人に対し、計40回にわたって法定金利の最大75倍の金利で現金計43万円を貸し、法定金利分を約52万円上回る計57万9000円の利息を受け取った疑い。

調べに対し、仲容疑者は「知らない」と容疑を否認し、3人は認めているという。

秋田県能代市の40歳代女性が昨年4月、「ヤミ金から金を借りて困っている」 と能代署に相談し、県警などが捜査していた。県警などは押収したパソコンの記録などから、4人は2008年以降、携帯電話42台を使って多重債務者らに電話し、全国の約600人から、数億円を違法に稼いだとみて調べている。

追加日 2013-07-10 00:00:00
更新日 2016-06-20 11:55:06
引用元 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130709-OYT1T00349.htm
 
<< >>
秋田県警や秋田中央署などは5月31日、出資法違反(高金利)の疑いで、東京都台東区東上野、貸金業、高橋優太容疑者(28)ら20代4人、10代1人の男計5人を逮捕した。 調べによると、高橋容疑者らは今年1月中旬ごろから2月初旬ごろにかけ、台東区に事務所を置き「アレンジ」と名乗って貸金業を営み、秋田市内の50代女性ら20~50代の男性3人、女性2人に、法定利息を超える高金利で金を貸し付け…