4千万円脱税容疑、ヤミ金融の男逮捕…闇金ニュース

闇金リスト

報道によると、 貸付金の利息収入など約4千万円を脱税したとして、岐阜地検は21日、所得税法違反の疑いで、岐阜県美濃加茂市の不動産会社役員金村正三容疑者(69)を逮捕した。

地検は同日、金村容疑者の自宅を家宅捜索。貸金業者の登録をしておらず、個人でヤミ金融を営んでいたとみており、貸金業法違反(無登録営業)などの疑いでも調べる方針。

捜査関係者によると、2007年から10年にかけて、個人や会社への貸付金の利息収入など約1億円を申告せず、所得税を免れた疑いが持たれている。

脱税した金は新たな貸し付けに使ったり、不動産会社の運転資金に回したりしていたという。

追加日 2013-02-21 00:00:00
更新日 2016-06-20 11:55:06
引用元
<< >>
年金受給者らに違法に金を貸し付けていたとして、愛知県警は28日、同県春日井市で老人介護施設を経営する会社社長、菊地真治容疑者(45)=同県清須市朝日弥生=を貸金業法違反(無登録営業)の疑いで逮捕し、発表した。 容疑を認めているという。 県警によると、菊地容疑者は2013年1月~14年3月、貸金業の登録をしていないのに、岐阜県瑞浪市や名古屋市に住む40~70代の男性3人に対し、そ…
小切手などを担保に業者名を変えて融資を繰り返す「システム金融」の手口で無登録の貸金業を営んだとしてヤミ金融グループが逮捕された事件で、小切手を担保に高金利で金を貸したとして、府警生活経済課と岡山県警は25日、出資法違反(超高金利の受領)の疑いで、岡山市北区平田の貸金業、角谷友嗣被告(31)=貸金業法違反罪で起訴=ら男女7人を再逮捕した。ほかに主犯格とみられる男2人を貸金業法違反容疑で全国…